鹿児島大学歯学部では、創設以来「歯科医療人である前に良識豊かな人間であれ」という教育理念を掲げ、歯科医療を実践するための幅広い知識・技能・態度を修得し、人間性豊かな使命感にあふれ、国際社会においても卓越した貢献をなし得る歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成に取り組んでいます。

 教育面では、1)入学直後から医療人としてのたしなみ、歯科医学に対する学習動機を高める歯科臨床早期体実習、2)従来の系統的な歯科医学講義・実習に加えて、多彩な知識や技術をより実践的に幅広く学べるような統合系科目、3)実際に離島診療に帯同し、離島僻地歯科治療を体験できる離島歯科巡回診療同行実習、4)自分の興味ある講座で専門的な研究や医療に触れてみる選択ゼミなど、多くの特色あるプログラムが用意されています。 

 学生生活面では、6年間を通した担任制度や学習指導を行うチューター制度、学生と教員のコミュニケーションを図るスポーツ大会の開催など、学生一人一人の生活面ならびに学習面でのきめ細かい支援に努めています。また、奨学金制度や学生表彰制度、「何でも相談員」による在学生の悩みの解決を支援する制度など、在学生が落ち着いて勉学に専念できる環境作りにも努めていますので、気軽にご相談ください。

 保護者の皆様には、歯学部後援会が毎年1回開催され、歯科教育の現状や卒後の進路に関する講演会の開催、担任教員との面談など、本学の教育に直に触れていただく機会がありますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

学務情報

学生支援情報

保護者情報

歯学部後援会

歯学部後援会