鹿児島大学歯学部は、沖縄を含む南九州地域における唯一の歯科医学教育・研究施設です。本学部は、9つの基礎系および12の臨床系研究分野から構成され、それぞれの分野で、活発な研究活動と学生への研究指導を日夜行っています。その研究対象は、生命の神秘の解明に繋がる基礎医学研究や、最新の生物学的技法を駆使した歯科領域疾患の診断・治療法の開発など、歯科医学を中心にしたライフサイエンス全般に渡ります。また、「歯科医療人である前に良識豊かな人間であれ」という学部の理念に基づき、ユニークな心身歯科の研究分野も設けられています。本学部での研究体制の詳細については、下の各リンクをご参照ください。

 歯科医学は日進月歩の学術領域であり、既存の知識や技術に頼ってばかりではいけません。本学部では世界をリードする先進的研究を推し進めながら、グローバルに活躍できる若い歯科医学研究者の育成を目指しています。また、科学的な思考による問題解決能力(リサーチマインド)は、臨床の現場で働く歯科医師が良い診療を行うためにも大切な資質になります。各々のリサーチマインドは、実際の研究活動に関わっていくことで効率良く涵養することが可能です。本学部では、先進の歯科医学研究成果を国内外に提供できるための組織の充実と人材の輩出を、今後も推し進めていきます。