教育目標

本学部は「歯科医療人である前に良識豊かな人間であれ」という理念のもとに、
下記の教育目標を達成する。

  1. 全人的歯科医療を実践しうる歯学分野における幅広い知識と創造性に富む歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成
  2. 地域医療に貢献しうる幅広い識見と人間性豊かな使命感にあふれる歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成
  3. 国際社会においても卓越した貢献をなしうる歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成

卒業時到達目標 コンピテンスとコンピテンシー

1.歯科医師の職責とコミュニケーション

鹿児島大学歯学部学生は、卒業時に良識豊かな人間性を身につけるとともに、患者、患者家族、医療チーム構成員を尊重し、適切なコミュニケーション能力を持って医療を実践するとともに、歯科医師としての職責を認識する。

  1. 歯科医師としての職責を理解し、倫理観、責任感を持って行動できる。
  2. 他者を理解、尊重し、誠実に対応できる。
  3. 患者、患者家族と適切な人間関係を構築し、適切な医療を行うためのコミュニケーションを行うことができる。
  4. 医療チームの構成員と信頼関係を築き、安全で円滑な医療を行うために必要なコミュニケーションを行うことができる

2.歯科医学および関連領域の知識

鹿児島大学歯学部学生は、卒業時に歯科を中心とした医療の基盤を構成する基礎、臨床の各領域とともに、自然科学、人文社会学分野を含めた幅広い知識を有し、必要に応じて応用する。

  1. 人体の正常な構造と機能を理解できる。
  2. 人体の発生、発達、成長、加齢と死を理解できる。
  3. 人間の心理、行動を理解できる。
  4. 病因、構造と機能の異常を理解できる。
  5. 診断と治療を理解できる。
  6. 予防と健康増進を理解できる。
  7. 保健医療、社会福祉と社会環境を理解できる。
  8. 歯科医学の基盤となる自然科学、人文社会学を理解できる。

3.医療の実践

鹿児島大学歯学部学生は、卒業時に患者、患者家族を尊重し、全身的、精神的、社会的状況に配慮した、安全で効果的かつ合理的な患者中心の歯科医療を実践する。

  1. 患者中心の医療を理解し、医療面接を適切に実施できる。
  2. 必要な診察および診断ができる。
  3. 必要な検査を選択し、結果を解釈できる。
  4. 高頻度の疾患に対して一口腔単位の治療計画を立案できる。
  5. 高頻度の疾患に対して基本的臨床手技を実施できる。
  6. 高齢者、有病者等の配慮が必要な患者に対応できる。
  7. 医療安全と感染対策に配慮できる。
  8. 病状説明、患者教育に参加できる。
  9. 医療情報の特性を理解し、適切に記録、管理できる。
  10. チーム医療に参加するとともに、その機能の向上に関与できる。

4.地域医療とヘルスプロモーション

鹿児島大学歯学部学生は、卒業時に離島を含めた地域における医療ニーズを評価したうえで、地域医療の向上に貢献する素養を身につけるとともに、歯科医学、医療に関する各種保険等の制度、行政の規則等に基づく活動を通じた社会貢献を理解する。

  1. 離島を含めた地域における医療ニーズを理解し、解決策を立案することができる。
  2. 地域医療に参加し、プライマリ・ケアを実践できる。
  3. 離島を含めた地域医療において、各種制度に基づく歯科医師の果たす役割を認識し、行動できる。
  4. ヘルスプロモーションに関わるハード、ソフトを理解し、各種活動に参加できる。 

5.生涯学習と科学的探究心

鹿児島大学歯学部学生は、卒業時に生涯にわたって歯科医療者としての能力を向上し続けるとともに、歯科医学における研究の重要性を認識し、各種情報を正しく評価するとともに、論理的、批判的な思考に基づいて新たな情報を生み出す創造性に富む素養を身につける。

  1. 自らの行動を論理的、批判的に振り返り、生涯に向けた自己研鑽に取り組むことができる。
  2. 研究の基礎となる科学的理論や方法論を理解できる。
  3. 新しい情報を生み出すための意欲、基礎的素養と研究上の倫理観を身につける。 

カリキュラムマップと生涯教育

カリキュラムマップ