歯学部概要

沿革

昭和51年5月 歯学部創設準備室を医学部内に設置
昭和52年10月 鹿児島大学歯学部設置
2講座設置(口腔生理学、歯科理工学)で発足
昭和53年4月 歯学部学生(定員80名)第1回生受入れ
3講座設置(歯科保存学I、歯科矯正学、口腔外科学I)、 計5講座
昭和54年4月 5講座設置(口腔解剖学I、口腔生化学、口腔病理学、予防歯科学、
歯科放射線学)、計10講座
昭和55年3月 歯学部・同附属病院新営竣工
    4月 5講座設置(口腔解剖学II、口腔細菌学、歯科薬理学、歯科保存学II、
歯科補綴学I)、計15講座
新営棟にて、歯学部学生専門課程の授業開始
昭和56年4月 2講座設置(歯科補綴学II、口腔外科学II)、計17講座
昭和57年4月 1講座設置(小児歯科学)、計18講座
昭和59年3月 歯学部学生第1回生卒業
    4月 大学院歯学研究科設置
大学院歯学研究科学生(定員18名)第1回生受入れ
昭和63年3月 大学院歯学研究科学生第1回生に学位記授与
平成元年4月 歯学部学生定員60名に改訂
平成 9年4月 1講座設置(歯科基礎科学)、計19講座
平成15年4月 大学院医歯学総合研究科設置
歯学部学生定員55名に改訂
平成23年4月 歯学部学生定員53名に改訂