第3回鹿児島国際歯学シンポジウムが、「グローカルな健康長寿を実現する歯学教育と臨床研究」の副題のもと、平成29年11月25日に鹿児島大学桜ヶ丘キャンパス内の鶴陵会館大ホールで開催されました。

 今回のシンポジウムは、鹿児島大学歯学部創立40周年式典に併せて開催され、学内教職員、学部生、研修医、大学院生に加え、他大学や学会関連の先生方、歯科医師会や行政関連の先生方、本学歯学部OBなど、これまでになく多方面から総数212名の参加者がありました。

 本シンポジウムは、高齢化社会に向けた歯科医師を養成するための文部科学省大学改革推進プログラム「健康長寿社会を担う歯科医学教育改革」により3回目の開催となり、宮脇正一歯学部長の開会の挨拶にはじまり、第一部「超高齢社会における地域歯科医療と研究のあり方」として、本プログラム総括責任者である岡山大学の窪木拓男教授から、プログラム全体のこれまでの取り組みと成果について、続いて本学の田口則宏教授から本学の取り組みを、最後に前文部科学省医学教育課の佐々木昌弘先生から歯学教育の展望と研究についての御講演を頂きました。第二部「Present and Future of Dental Medicine and Clinical Research in South East Asia」ではインドネシアのAirlannga Universityの先生方にそれぞれ新しいPBL教育と臨床研究についてご講演をいただき盛会に終了しました。

  第3回鹿児島国際歯学シンポジウム事後抄録を掲載しました。

鹿児島国際歯学シンポジウムのページからもダウンロードできます。

 第3回鹿児島国際歯学シンポジウム事後抄録