成昌奐さん(博士2年)「先端歯学スクール2019」で優秀賞受賞

 令和元年8月27日(火)~28日(水)に大阪大学で開催された「先端歯学スクール2019」(先端歯学国際教育研究ネットワーク主催)に、本学大学院医歯学総合研究科より博士課程(歯系)2年生の成昌奐さんが参加し、優秀賞を受賞しました。
 演題は「Notchシグナル分子Hes1のBMP9誘導性骨芽細胞分化における発現誘導機構の解析および機能的意義の検討」であり、骨再生療法における骨形成タンパク質BMP9の臨床応用に繋がる基礎研究についての発表でした。昨年12月に開催された鹿児島大学大学院歯系研究発表会で得られたアドバイスなどを参考に発展させた内容となり、全国12校からの参加者のうち上級生がほとんどの中、2年生ながら優秀賞となりました。
 参加後、成昌奐さんは「他大学からの参加者から研究や院生生活に関してよい話を聞くことが出来ました。また、2日目の教育講演では、研究に長年携わった先生の問題解決のためのメソドロジーなどを聞く機会もあり、とても感銘を受けました。自分の研究に優秀賞を頂き非常に嬉しい気持ちであると共に、指導および協力してくださった先生方への感謝の気持ちでいっぱいです。今後も研究により一層力を入れていきたいと思います。」と気持ちを新たにしていました。

先端歯学スクール2019