第49回全日本歯科学生総合体育大会バレーボール部門 優勝報告

 私たち鹿児島大学歯学部女子バレーボール部は今現在計10名で、週3回の活動をしております。
 2018年度(平成30年度)は第49回全日本歯科学生総合体育大会バレーボール部門が鹿児島県川内市にあるサンアリーナせんだいにて7/31~8/3に開催されました。
 地元鹿児島での開催ということもあり、私たち自身も優勝したいという思いが強く、前年度5位という結果の悔しさをバネに、必死に1年間練習を積んできました。メンバーも昨年度と同様でしたので、絆も強く、皆一丸となって練習に取り組むことができました。
 予選から熱戦を繰り広げ、予選リーグは4位で決勝リーグへと進出しました。決勝リーグは、1試合目は明海大学、準決勝は昨年度優勝の九州歯科大学、決勝は一昨年度優勝の広島大学にフルセット2-1で勝利し、念願の優勝を収めることが出来ました。昨年まではプレイヤー6人、マネージャ2人という人数の少ない部活でしたが1年生が4人入部し、部員が先輩・後輩で気持ちをひとつに同じ目標を持ち練習を頑張ってきた成果が出たことにとても感動しました。
 鹿児島県での開催ということもあり、主幹で運営をしながらでしたが、鹿児島大学歯学部バレーボール部のOBOGの先生方からはもちろん、たくさんの先生方からご支援を頂きました。また、このように部活動をさせて頂く環境が整っていることも鹿児島大学歯学部の卒業生の先輩方、先生方のおかけであり、本当に感謝しております。 たくさんのご声援ありがとうございました。

歯学部4年 伊地知 南海 さん(歯学部女子バレー部)
[御寄稿 2018年12月]

全日本歯科学生総合体育大会バレーボール部門全日本歯科学生総合体育大会バレーボール部門