2018年7月27~28日 第37回日本歯科医学教育学会学術大会における学生セッション発表

 平成30年7月27、28日、奥羽大学歯学部にて第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会が開催されました。本学会では、歯学部生が発表を行う「学生セッション」が毎年企画されており、全国から8件の発表がありました。本学からは歯学部4年生宮本佑香さんが「歯学部教員へのインタビューの質的分析の経験」というタイトルでポスター発表をしました。本発表は歯科医学教育実践学分野の大戸敬之助教と田口則宏教授の指導の下、ゼミ活動の一環として企画、実施されました。発表者には全員、日本歯科医学教育学会よりその活動が認められ、表彰が行われました。彼女の今後の活躍が期待されます。(歯科医学教育実践学分野教授)

歯学部教授会での記念撮影