在学生の皆様へ

新型コロナウイルス感染対策に関する留意事項【第2報】

                                                                                                   2020.4.17 新型コロナウイルス対策会議

(医学部,歯学部,医歯学総合研究科,保健学研究科)

学生の皆様には、3月27日付け本対策会議から、健康確認や移動自粛及びサークル活動等の禁止等をお願いしてきたところです。その後、東京都をはじめ、7都府県に緊急事態宣言が発令されましたが、4月16日には全国へと拡大し、国内における新型コロナウイルス感染症の感染拡大の危機を迎えております。また、4月20日からの授業においても、原則として遠隔授業で実施することになりました。

つきましては、学生の皆様の健康・安全面の確保と感染リスクの低減を最優先に考え、

本対策会議として当分の間(5月6日まで)、以下のとおり対応することを決定しましたので、この点を理解し、自分自身の健康管理と感染対策に協力をお願いします。

 今後の感染状況によっては、本内容の変更及び期間延長等の可能性があります。

移動について

  1. 海外渡航は、禁止します。

  2. 国内については、鹿児島県外への移動は、原則、禁止します。やむをえず、「特定警戒都道府県」(13都道府県)へ移動した場合は、大学内への立ち入りを禁じます。14日間の鹿児島県内での自宅待機が必要です。

  3. マッチングのための病院見学は、禁止します。

サークル活動、学生の交流及び自宅待機等について

  1. サークル活動及び懇親会等(飲み会)は、新入生の勧誘も含めて禁止します。

  2. 閉鎖した密閉空間、3人以上が密集する機会、会話や発声など密接な交流は避けてください。カラオケは禁止します。

  3. 居酒屋や接客業務などのアルバイトは、原則、禁止します。その他のアルバイトも可能な限り自粛してください。

  4. 不要な外出は自粛してください。

  5. 必要な日常品の買い物、散歩、近くの公園等での軽い運動はかまいません。

健康確認

  1. 毎朝体温を測定して、症状の有無を健康チェック表に記載、またはmanabaに入力してください。

  2. 発熱・咳・咽頭痛がある場合は、大学への登校や外出を控えてください。左記の症状があり,授業等を欠席した場合は不利益にならないよう代替措置を検討します。

  3. 大学への登校時及び咳や咽頭痛があるときに、やむをえず外出するときはマスクを着用してください。(手作りの布マスクを作製するなど、各自で準備してください)

  4. 外出した際は、帰宅後に必ず石けんで手を洗ってください。

大学の自主学習室等の使用

1) 共通教育棟3階チュートリアル室、桜ヶ丘会館3階グループ学習室及び歯学部学習室等

  の使用は、禁止とします。

2) 医学科の自習室は、先日の通達のとおり当分の間、使用禁止とします。控え室として指定された講義室を利用してください。

症状がみられた場合

  1. 発熱、咽頭痛、咳や呼吸器症状など異常がある場合は、学生支援係に電話またはメールで連絡してください。(TEL:099-275-6727 E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2. 軽度の感冒症状だけの場合は、自宅で経過をみてかまいませんが、必要に応じて近くの医療機関を受診してください。その際は、渡航歴・国内移動歴を申し出てください。

  3. 国内流行地への訪問歴だけでは、新型コロナウイルスPCR検査の適応にはなりません。自己判断でPCR検査を医療機関に無理に依頼することはやめてください。

  4. 4日以上続く発熱、味覚・嗅覚障害または呼吸困難や強い倦怠感があるときは、「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談して、指示にしたがってください。

新型コロナウイルス感染症患者との接触

  1. 確定患者の濃厚接触者として保健所から健康観察下にある方は、学生支援係に連絡してください。

  2. 原因不明の肺炎患者と接触した場合も、学生支援係に連絡してください。

以上の留意事項は、今後の感染状況によって変更することがありますので、各学部からの連絡やホームページ掲載事項に留意してください。