鹿児島大学歯学部は香港大学歯学部、高雄医学大学口腔医学院、陽明大学歯学部と新たに部局間協定を締結しました。また、アイルランガ大学(インドネシア)とは部局間協定を5年間延長しました。

 

【香港大学歯学部】平成29年7月11日締結

20170922 図1

 香港大学は1911年創立の伝統ある大学で、世界の大学ランキングでは日本の東大と同じレベルです。その中で歯学部は創立1982年でまだ35年しか経っていませんが、歯学部の世界ランキングではここ2年世界No.1歯学部の評価を受けています。

 いち早くPBL形式の授業を取り入れ、世界の歯学教育をリードしています。鹿児島大学歯学部の国際化の目標校として、今後は、共同研究や学生・教員の交流を行う予定です。

 

【高雄医学大学口腔医学院】平成29年8月7日締結

20170922 図2

 高雄医学大学は台湾第2の都市高雄にあり、1988年に台湾で最初に口腔医学院を設立しました。口腔医学院には歯学部の他に歯科研究所(修士・博士)、口腔衛生学科、口腔保健科学研究所(修士)があります。

 本学とは保存科・陳克恭教授と西谷教授との間で以前より共同研究、人事交流が行われており、今後は学生の海外研修も含め、さらなる発展的な国際交流・連携が行われる予定です。

 

【陽明大学歯学部】平成29年8月12日締結

20170922 図3

 国立陽明大学は台湾第1の都市台北にあり、1994年に設置されました。前身は1975年に設立された国立陽明医学院であり、2005年の台湾教育部の発表ではトップ大学計画の12校に選定されています。

 歯学院には臨床歯学研究所と口腔生物研究所があり、宮脇教授と学術交流を行っている台湾口腔矯正医学会顧問の蘇志鵬先生と陳信光先生が歯学部長の許明倫教授と懇意な事から交流が開始されています。今後は、さらなる共同研究や人的交流が行われる予定です。