平成28年8月19日に、東京都千代田区の歯科医師会館において、平成28年度(第22回)日本歯科医師会/デンツプライシロナ主催のSCRP(Student Clinician Research Program、スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム)が開催され、本学歯学部4年生の神園藍さん(口腔生化学分野選択科目学生)が最優秀賞を受賞しました。

 本大会は例年日本の歯科大学より選出された優秀な歯科大学生が集まり、日頃の課外の研究成果を英語ポスター形式で発表し、評価を受けるものです。本年度は初めて29校全ての国内歯学部・歯科大学からの参加があり、神園さんは「Syk活性阻害は間葉系幹細胞の骨分化を促進し脂肪分化を抑制する」という発表演題で、見事に最優秀賞に選ばれました。

 本大会で鹿児島大学歯学部の学生が最優秀賞で表彰されるのは今回が初めてのことになります。神園さんは平成28年10月22日にアメリカ・コロラド州・デンバーで開催されるSCRP世界大会に日本代表として研究成果を発表する予定です。

2016SCRP kamisono