歯学部を卒業後、附属病院で研修歯科医として1年間の研修を受けることができます。

この研修は一般歯科医療に必要な治療技術と理論を研鑽することが目的です。また、本研修を基礎にして希望する専門分野については、スペシャリストになるための高度な専門教育を受けることも可能です。

鹿児島大学病院研修歯科医の案内を下に示しています。

研修歯科医修了後は、大学院への進学、病院勤務、歯科医院開業、本学または他大学の教員、研究所勤務、保健行政従事などの道があります。

大学院については、本学には平成15年4月に歯学研究科と医学研究科の組織改革により大学院医歯学総合研究科(博士課程、4年制)が発足し、博士(歯学)、博士(医学)および博士(学術)の学位が取得可能となりました。医歯学総合研究科は,医学・歯学領域にわたる学術研究の高度化と優れた研究者の育成に重きを置きながら,高度医療専門職業人の育成も推進しています。

さらに、博士号の学位については、大学院以外のコースでも取得できますが、4年間という限られた期間内に研究に専念することにより、ほかのコースに比較すると最短の期間で取得できます。家計の状況によっては、入学金と授業料が免除され、また、日本学生支援機構の奨学資金が受けられる制度があります。

 

鹿児島大学病院研修歯科医のご案内はこちら