鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 矯正歯科

  • 日本語
  • English

活動報告

2021年度

2021年6月25日 宮脇正一教授が第13回鹿児島FD・IBS研究会で特別講演をされました。

2021年6月25日に宮脇正一教授が、第13回鹿児島FD・IBS研究会(於城山ホテル鹿児島)で、共同研究等で大変お世話になっている井戸教授や浅川教授らのご配慮により、「口腔と胃・食道との密接な関連性」に関する特別講演(対面とオンラインのハイブリッド型講演)を行いました。

2021年6月 当分野の症例報告が英文誌に掲載されました。

前田(飯野)綾先生が筆頭著者の症例報告が、AJO-DO Clinical Companionに掲載されました。鹿児島大学口唇口蓋裂専門外来で一貫治療を行った、両側性唇顎口蓋裂を伴う患者さんの長期治療経過を報告しています。顎裂部骨移植後早期に矯正歯科治療による歯の移動を行うことで顎裂部の空隙を閉鎖し、欠損補綴治療(歯がない部分にクラウンや入れ歯などの人工物で補う治療)を行わずに、自分の歯だけで良好な咬合を確立することができました。
Maeda-Iino A, Nakagawa S, Nakamura N, Miyawaki S. An adolescent patient with bilateral cleft lip and palate treated with late bone grafting and edgewise appliance for mesial movement of the maxillary molars and improvement of the retroclined maxillary central incisor. AJO-DO Clinical Companion. 2021;1(1): 55-72

AJO-DO Clinical CompanionのHPより引用

2021年4月1日 当分野教授が日本口蓋裂学会認定師(矯正歯科)を取得しました。

宮脇正一先生が、矯正歯科分野の日本口蓋裂学会認定師を取得しました。鹿児島大学病院では、口唇口蓋裂専門外来で口唇裂・口蓋裂の一貫治療を行っています。専門外来では、口腔顎顔面外科、矯正歯科、小児歯科、冠ブリッジ科など、複数科が連携して診療を行っています。

2020年度

2021年3月26日 当分野助教が学会賞を受賞しました。

石川崇典先生が、岡山大学での研究論文が評価され、第26回日本軟骨代謝学会賞を受賞し、第33回日本軟骨代謝学会(オンライン開催)で受賞講演を行いました。

2021年1月 当分野助教が日本矯正歯科学会認定医を取得しました。

福嶋美佳先生と丸谷佳菜子先生が、日本矯正歯科学会認定医を取得しました。日本矯正歯科学会認定医の申請するためには、2年の基礎研修と3年以上の矯正歯科臨床の研修が必要で、最短で入局6年目で申請することができます。2人とも6年目で申請し、無事合格することができました。鹿児島大学では、多くの医局員が6年で認定医を取得しています。

2020年12月19日当分野大学院生2名が口腔先端科学最優秀賞を受賞しました。

楠元淳也先生と日野沙耶香先生が、第13回歯系研究発表会で大学院での研究成果を発表し、最優秀賞を受賞しました。楠元先生は、不正咬合がホルモンや不安行動に与える影響について、日野先生は、矯正歯科治療を希望する患者における顎顔面形態と心理状況について研究しています。

2020年12月 当分野の症例報告が英文誌に掲載されました。

山西(平)沙祐里先生が筆頭著者の症例報告が、Orthodontic Wavesに掲載されました。非抜歯による治療で良好な治療結果を報告しました。
Taira S, Oga Y, Yagi T, Miyawaki S. Treatment of complete transposition of upper right canine and first premolar and scissors-bite on second molars by non-extraction and retention of the transposed positions. Orthodontic Waves. 2020;79(4): 179-187.

2020年10月14日 当分野助教がベストライター賞を受賞しました。

大賀泰彦先生が、臨床実習終了後の学生によるアンケート結果から、ベストライターに選出され、学部学生の実習指導講習会を行いました。

2020年5月13日 当分野大学院生が学位を取得しました。

福嶋美佳先生が、食道への酸刺激とストレスが咬筋活動に与える影響について研究した論文“Effects of intra‐oesophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness”が Journal of Oral Rehabilitationに受理され、学位を取得しました。

2020年5月 当分野の研究論文が国際誌に掲載されました。

前田(飯野)綾先生と福嶋美佳先生が筆頭著者の原著論文が、Journal of Oral Rehabilitationに掲載されました。食道への酸刺激とストレスが咬筋活動に与える影響の程度について研究した論文です。鹿児島大学矯正歯科では、全身の健康について着目した研究を行っています。本論文は、消化器内科との共同研究です。引き続き、大学院生が関連分野の研究に励んでいます。
Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐oesophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. 2020 May;47(5):567-576.

2020年4月20日 当分野大学院生が学位を取得しました。

渡邉温子先生が、黄色ブドウ球菌の薬剤耐性機序について研究した論文、 “Staphylococcus aureus Virulence Affected by an Alternative Nisin A Resistance Mechanism. Applied and environmental, microbiology.”が Applied and environmental, microbiology に受理され 、学位を取得しました。

2020年4月 当分野に大学院生が入局しました。

原田真利那先生(左から2番目の黒スクラブ着用)が、入局しました。よろしくお願いいたします。

2020年4月1日 当分野講師が日本口蓋裂学会認定師(矯正歯科)を取得しました。

前田(飯野)綾先生が、矯正歯科分野の日本口蓋裂学会認定師を取得しました。鹿児島大学病院では、口唇口蓋裂専門外来で口唇裂・口蓋裂の一貫治療を行っています。専門外来では、口腔顎顔面外科、矯正歯科、小児歯科、冠ブリッジ科など、複数科が連携して診療を行っています。

2019年度

2020年1月 当分野助教が日本矯正歯科学会認定医を取得しました。

石川崇典先生と權相豪先生が、日本矯正歯科学会認定医を取得しました。日本矯正歯科学会認定医の申請するためには、2年の基礎研修と3年以上の矯正歯科臨床の研修が必要で、最短で入局6年目で申請することができます。2人とも6年目で申請し、無事合格することができました。鹿児島大学では、多くの医局員が6年で認定医を取得しています。

2019年11月22日 当分野講師が日本矯正歯科学会 学術大会優秀発表賞を受賞しました。

前田(飯野)綾先生が、第78回日本矯正歯科学会学術大会 学術口演で「新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後に顎裂部の骨再生および歯の萌出と移動を認めた片側性唇顎裂の2治験例」について発表し、優秀発表賞を受賞しました。

2019年12月7日 当分野大学院生が口腔先端科学最優秀賞を受賞しました。

渡邉温子先生が、第12回歯系研究発表会で大学院での研究成果「ナイシン作用により分離したナイシン高度耐性MRSAのビルレンスに及ぼす影響」について発表し、口腔先端科学最優秀賞を受賞しました。

2019年9月 当分野の研究論文が国際誌に掲載されました。

友成博先生(現鶴見大学教授が)鹿児島大学で講師として在職中に筆頭著者として執筆された論文が、 Clinical oral investigationsに掲載されました。異なるテクスチャーの試験食品を咀嚼した時の咬筋と前側頭筋の筋電図を解析 した臨床研究です。
Tomonari H, Seong C, Kwon S, Miyawaki S. Electromyographic activity of superficial masseter and anterior temporal muscles during unilateral mastication of artificial test foods with different textures in healthy subjects. Clinical oral investigations. 2019 Sep;23(9):3445-3455.

2019年8月 当分野の研究論文が国際誌に掲載されました。

中川先生が筆頭著者の原著論文が、Journal of Oral Rehabilitationに掲載されました。顎顔面形態と不正咬合が握力に関連することを明らかにした論文です。
Nakagawa S, Maeda-Iino A, Miyawaki S. Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women. Orthod Craniofac Res. 2019 Aug;22(3):159-167.

2019年6月19日 南九州歯学会に参加しました。

南九州歯学会は、今年創設された、鹿児島大学歯学部を運営母体とした学会です。歯科矯正学分野からは、大学院生の山形勁太先生が発表しました。

2019年5月31日 当分野大学院生が学位を取得しました。

中川祥子先生が、顎顔面形態および不正咬合と握力との関連を研究した論文 “Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women”が Journal of Orthodontics and Craniofacial Researchに受理され、学位を取得しました。入局後3年2か月での早期取得です。

2018年度

2019年2月23日 八木孝和先生の教授就任祝賀会を開催しました。

2019年4月1日付で、講師の八木孝和先生が神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科の教授に就任されることになり、祝賀会を開催しました。多くの先生方のご臨席を賜り、感謝申し上げます。八木先生の益々のご活躍を祈念いたしております。

2019年1月 当分野の研究論文が国際誌に掲載されました。

大賀泰彦先生が筆頭著者の原著論文が、 Angle Orthodontist に掲載されました。歯科矯正用アンカースクリューに補助装置を追加した際のスクリューの安定性について研究した論文です。鹿児島大学では、臨床に関連した研究も行っています。
Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S. Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device. Angle Orthod. 2019 Jan;89(1):47-53.

The Angle OrthodontistのHPより引用
https://meridian.allenpress.com/angle-orthodontist

2018年11月25日 友成 博先生の教授就任記念祝賀会を開催しました。

2018年11月1日に、講師の友成 博 先生が鶴見大学歯学部歯科矯正学講座の教授に就任され、祝賀会を開催しました。多くの先生方のご臨席を賜り、感謝申し上げます。友成先生の益々のご活躍を祈念いたしております。

2017年度

2017年11月 当分野の研究論文が国際誌に掲載されました。

前田(飯野)綾先生が筆頭著者の原著論文が、Angle Orthodontistに2編掲載されました。片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯の歯根長や歯根吸収と矯正学的歯の移動や移植骨との関連を調査した論文です。本論文は、口腔顎顔面外科との共同研究です。
・Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S. Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement. Angle Orthod. 2017 Nov;87(6):855-862.
・Maeda-Iino A, Furukawa M, Kwon S, Marutani K, Nakagawa S, Fuchigami T, Nakamura N, Miyawaki S. Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate—Part 2: Relationship between root resorption, horizontal tooth movement, and quantity of grafted autogenous bone. Angle Orthod. 2017 Nov;87(6):863-870.

2017年11月 研究論文が国際誌に掲載されました。

古川みなみ先生が筆頭著者の原著論文が、 Biochem Biophys Res Commun.に掲載されました。母子分離がGABAスイッチに関連することを報告した論文です。
Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T. Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression. Biochem Biophys Res Commun. 2017 Nov 25;493(3):1243-1249.

PAGE TOP