「全ては鹿児島・南九州の患者さんの幸せの為に」

杉浦教授顔写真

杉浦 剛教授

鹿児島大学口腔外科(正式名 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科顎顔面機能再建学講座顎顔面疾患制御学分野)は、その前身を大正11年4月に設置された県立鹿児島病院の歯科部に発する大変歴史のある教室であります。
長い間、鹿児島のみならず南九州の地域の皆様のお口の健康を診てまいりました。さらに南九州地区の口腔外科医・歯科医師の育成、お口に発生する疾患に対する研究にも力をいれ、邁進してまいりました。 平成26年9月に、私が教授に就任いたしました後、これまでの地域に根差した教室の理念はそのままに、さらに外に開かれた教室とすることを目標に、情報を発信し続けることをもう一つの我々の務めとして掲げ、日々努力をしているところであります。 このホームページはそんな開かれた教室の象徴であります。
鹿児島の皆様に多くの情報を提供し、お口でお悩みの患者さんが一人でも多く、一日も早く、より良い治療がうけられるようサポートできるように考え作成されています。
また、最新の情報が提供できるように、日々更新を行ってまいります。私たちの考え、患者さん方の考えがこのホームページを通じて通い合えるよう、そんなホームページとしたいと思っています。

平成27年9月 教授 杉浦 剛

教室の理念

思いやりの心を持ち、 患者さんの幸せの為、地域に根差し世界に通じる教室をめざします。
楽しく・自由に学び、お互いに高めあい、水準の高い医療を患者さんに届けます。

 

教授診察風景1
教授診察風景2
教授診察風景3
Back to Top