2020年1月20日~25日、科学技術振興機構のさくらサイエンスプラン(日本・アジア青少年サイエンス交流事業)を利用して、台湾・高雄医学大学から6人の歯学部5年生(男子5名、女子1名)の研修受入れを行いました。昨年度実施しました、歯学部としては初めてとなる同大学からの学生受け入れに続く、2度目の学生海外研修受入れとなりました。歯学部、附属病院の見学、講義への参加、歯科材製造企業の見学などなどたくさんのイベントがあり、観光もできない忙しいスケジュールでしたが、学生たちから非常に有意義な訪問だったという感想を頂きました。鹿児島大学の学生たちも彼らと友好関係を築くことができ、我々にとっても有意義な研修受入れとなりました。高雄医学大学とは部局間学術交流協定を締結しており、鹿児島大学の学生たちが高雄医学大学を訪問したり、西谷教授を中心とした学術的な交流も行っています。今後益々の両校の発展を期待したいと思います。お世話頂いた両校の先生方お疲れさまでした。最後に科学技術振興機構のおかげでこのような素晴らしい充実した研修が成功裏に終わることができたことに感謝致します。(文責:平間 雅博)

台湾・高雄医学大学からの海外研修受入れ台湾・高雄医学大学からの海外研修受入れ