トップページ > 業績

業績Achievement

論文・著書

2018年
・Obayashi T, Oto T,Nagatani Y, Taguchi N, Kawaguchi H and Ogawa T.Dental trainees reflect more critically on negative experiences: portfolio analysis using a pragmatic approach and a rubric in Japan,BMC Medical Education,18巻 (頁 292 〜 ) ,2018年12月
大戸敬之中山歩作田哲也, 岩下洋一朗松本祐子吉田礼子, 田口則宏. 離島での総合歯科医師の成長プロセスについての1 考察 ―島の一歯科医師の語りからの分析手法の検討―,日本総合歯科学会雑誌,10巻 1号 (頁 27 〜 32) ,2018年12月
田口則宏、馬場麻人、美島健二、山本 仁.歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研)〜これまでとこれから〜,日本歯科医学教育学会雑誌,34巻 3号 (頁 82 〜 86) ,2018年12月
田口則宏.第8回歯科医学教育者のためのワークショップ運営記,日本歯科医学教育学会雑誌,34巻 1号 (頁 13 〜 16) ,2018年04月
中山歩田口則宏.鹿児島県離島における地域歯科医療の実態と改善策-アンケート調査の結果と考察-.有病者歯科医療 2018; in press.

2017年
  • 田口則宏.歯学教育専門家.日本歯科医学教育学会雑誌 2017; 33(2): 63-64.
  • 田口則宏.第7回歯科医学教育者のためのワークショップ運営記.日本歯科医学教育学会雑誌 2017; 33(1):53-60.
  • 田口則宏, 古川周平吉田礼子松本祐子, 岩下洋一朗中山歩大戸敬之作田哲也.地域歯科医療教育に求められるもの―プロフェッショナリズムとの関連を見据えて―.日本総合歯科学会雑誌 2017; 9(1): 11-18.
  • Oto T, Obayashi T, Nagatani Y, Taguchi N. Analysis of the professionalism of dental trainees in Japan. European Journal of Dental Education 2017; 22(1); e193-e194. (1.09)
  • ・Kono H, Sasahara H, Oto T, Furukawa S, Taguchi N. Difference in dental trainees’reflections between the university hospital and the community dental clinic by significant event analysis. European Journal of Dental Education 2017; 22(1); e184-e185.
  • Oto T, Obayashi T, Ogawa T, Taguchi N. Study of factors related to the reflection abilities of dental trainess. European Journal of Dental Education, 2017; 21(1); 13-16.

2016年
  • 松本祐子吉田礼子中山歩作田哲也大戸敬之古川周平岩下洋一朗,南弘之,田口則宏 . 鹿児島大学歯学部における「地域歯科医療実習」−概要と学生アンケート結果ー,鹿児島県歯科医師会報. 2016; 128; 9-11.
  • 岩下洋一朗松本祐子田口則宏. 3Dセンサーの医療者教育への応用−Kinectセンサーによる歯科診療時の姿勢解析−. 日本総合歯科学会雑誌 2016; 8; 20-24.
    大戸敬之中山歩岩下洋一朗松本祐子吉田礼子田口則宏. 研修歯科医の臨床研修に対するモチベーションを変化させる要因. 日本総合歯科学会雑誌 2016; 8; 15-19.

2015年
  • Kono H, Sasahara H, Furukawa S, Taguchi N. An Analysis of Background Factors Influencing Selection of Residency Facility for Dental Students in Universities Located in Rural Areas in Japan. The Open Dentistry Journal,9: 159-167 (2015).
  • Nakayama A, Nakayama K, Itoh M, Hayashi T, Shinnakasu M, Hirahara N, Hayashi N. Primary papillary carcinoma arising from ectopic thyroid tissue in the cervical lymph node: A case report. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol, Vol.27, No.2, pp.240-244 (2015).
  • Nakayama A, Miura H, Ooki M, Harada S. During development intense Sox2 expression marks not only Prox1-expressing taste bud cell but also perigemmal cell lineages. Cell Tissue Res, Vol.359, No.3, pp.743-753 (2015).
  • Oto T, Obayashi T, Ogawa T, Taguchi N. Study of factors related to the reflection abilities of dental trainees. European Journal of Dental Education, in press, 2015; (doi: 10.1111/eje. 12169) 2013 IF:1.448.
  • 田口則宏.特色ある教育・学修法 1.地域基盤型教育,歯科医学教育白書2014年版.日本歯科医学教育学会編 2015; 73-77.
    田口則宏.特色ある教育・学修法 8.その他(特筆すべき教育・学修法),歯科医学教育白書2014年版. 日本歯科医学教育学会編 2015;99-102.
    ・西村正宏,田口則宏吉田礼子,石橋貴樹. 鹿児島大学歯学部の教育と今後の展望,鹿児島県歯科医師会報. 2015; 199; 2-8.
    吉田礼子,石井宏明,古川周平岩下洋一朗田口則宏. 離島巡回診療研修に対する研修歯科医の意識について. 日本総合歯科学会雑誌 2015; 7; 36-41.
    大戸敬之. 研修環境の違いによる研修歯科医の学びの解明―省察の観点からの質的アプローチ―. 日本総合歯科学会雑誌 2015; 7(1); 30-35.

2014年
  • Tomonari H, Miura H, Ooki M, Nakayama A, Harada S. Diverse contributions of Tas1r2/Tas2rs within the rat and mouse soft palate to sweet and bitter neural responses. Neurosci Lett, Vol.569, pp.63-67 (2014).
  • ・中島紀一郎, 古川周平, 北村優奈, 馬渡星良, 河野博史, 岩下洋一朗, 田口則宏. 研修歯科医と指導歯科医の理想とする研修医像の相違. 日本総合歯科学会雑誌, Vol.6, pp.88-91 (2014).
  • ・笹原妃佐子,大戸敬之,島津 篤,二川浩樹,杉山 勝. 研修歯科医による大学新入生に対する歯科検診と禁煙教育. 日本歯科医学教育学会雑誌30(1),35-43.2014.
  • ・大林泰二,大戸敬之,長谷由紀子,梶谷佳世,田中良治,西 裕美,小原 勝,小川哲次. 臨床研修の中間点における研修歯科医の振り返りの様相についての検討. 広島大学歯学雑誌46(1),1-5,2014.
  • ・小原 勝, 二川浩樹, 大林泰二, 西裕美, 菊重奈美,大戸敬之, 小川哲次. 安全なエンドの三角除去用ドリルの開発. 日本総合歯科学会雑誌6,46-52,2014.

2013年
  • 中山 歩, 岩下 洋一朗, 田松 裕一, 田口 則宏, 島田 和幸. CBT問題作成が教員意識に与える影響. 日本歯科医学教育学会雑誌, 29(2), pp.106-111(2013).
  • 諏訪 素子, 志野 久美子, 松本 祐子, 吉田 礼子, 岩下 洋一朗, 田口 則宏. 鹿児島大学病院歯科医師臨床研修の研修修了者による評価. 日本総合歯科協議会雑誌, Vol.5, pp.35-38 (2013).
  • 志野 久美子, 諏訪 素子, 吉田 礼子, 松本 祐子, 岩下 洋一朗, 田口 則宏. 鹿児島大学病院における離島診療研修の現状分析. 日本総合歯科協議会雑誌, Vol.5, pp.108-110 (2013).
  • ・榎本 勝, 秋山雄佑, 亀之園俊介, 熊谷直之, 榊原理絵, 大庵佑介, 田中慧吾, 徳地宏子, 仲井さくら, 中野陽平, 野添陽平, 松下創思, 三股由紀子, 吉田礼子, 岩下洋一朗, 田口則宏. 研修歯科医の研修の満足度に影響する因子. 日本総合歯科協議会雑誌, Vol.5, pp.57-60 (2013).

2012年
  • 田口則宏. 臨床実習, 日本歯科医学教育学会雑誌別冊歯科医学教育白書2011年版, pp.70-77 (2012/12).
  • 田口則宏, 佐藤友昭, 松口徹也, 宮脇正一, 鹿児島大学歯学部FD委員会, 教員の教育能力開発 −鹿児島大学歯学部の取り組み−, 鹿児島大学歯学部紀要, Vol.32, pp.71-75 (2012).
  • 河野博史. 日本医学教育学会主催 医学教育専門家養成を目指したパイロットコース報告, 鹿児島大学歯学部紀要, Vol.32, pp.113-118 (2012).
  • 岩下洋一朗. 平成23年度鹿児島大学病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会報告, 鹿児島大学歯学部紀要, Vol.32, pp.95-102 (2012).
  • 吉田礼子. 三部局(医学部FD委員会・歯学部FD委員会・医歯学総合研究科FD委員会)合同企画 医療者のコミュニケーション教育に関する講習会報告, 鹿児島大学歯学部紀要, Vol.32, pp.109-111 (2012).
  • 田口則宏, 諏訪素子, 吉田礼子, 松本祐子, 志野久美子, 河野博史, 岩下洋一朗. 鹿児島大学医学部・歯学部付属病院歯科医師臨床研修プログラムの評価, 鹿児島県歯科医師会会報, Vol.101, pp.8-10 (2012).
  • ・笹原妃佐子, 島津篤, 河村誠, 田口則宏, 小川哲次. 中学生への効果的歯科保健活動の構築に関する研究, 日本口腔衛生学会雑誌, Vol.62, pp.53-60 (2012).
  • 松本祐子. WS-3参加体験レポート, 新しい医学教育の流れ, Vol.45, pp.64-67 (2012).

2011年
  • 田口則宏. 臨床歯科医学教育 −診療参加型臨床実習を推進するために−, 鹿児島大学歯学部紀要, Vol.31, pp.41-46 (2011).
  • 諏訪素子. 医学教育ワークショップに参加して, 新しい医学教育の流れ, Vol.39, pp.211-212 (2011).
  • 志野久美子. 講習会を通して得られたこと, 新しい医学教育の流れ, Vol.39, pp.94-96 (2011).
  • 諏訪素子. 医学教育ワークショップに参加して, 新しい医学教育の流れ, Vol.40, pp.146-147 (2011).
  • 志野久美子. 教育プログラム評価を行うためには, 新しい医学教育の流れ, Vol.40, pp.132-133 (2011).
  • ・Hasegawa H, Saitoh I, Nakakura-Ohshima K, Shigeta K, Yoshihara T, Suenaga S, Inada E, Iwasaki T, Matsumoto Y, Yamasaki, Y. Condylar Shape in Relation to Anterior Disk Displacement in Juvenile Females. CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE??, Vol.29, No.2, pp.100-110 (2011).
  • ・Kuroda K, Saitoh I, Inada E, Takemoto Y, Iwasaki T, Iwase Y, Yamada C, Shinkai M, Matsumoto Y, Hasegawa H, Yamasaki Y. Hayasaki H. Head motion may help mouth opening in children. ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, Vol.56, pp.102-107 (2011).

2010年
  • Taguchi N and Ogawa T. OSCEs in Japanese postgraduate clinical training Hiroshima Experience 2000-2009. European Journal of Dental Education, Vol.14, No.4, pp.203-209 (2010).
  • ・笹原妃佐子, 河村 誠, 田口則宏, 小川哲次, 二川浩樹. 職能教育としての臨床実習に対する授業評価質問紙の構築. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.26, No.1, pp.32-39 (2010).
  • 田口則宏. 学士課程におけるOutcome and Competence-based Learning. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.26, No.1, pp.8-9 (2010).
  • ・Kubota N, Hayasaki H, Saitoh I, Iwase Y, Maruyama T, Inada E, Hasegawa H, Yamada C, Takemoto Y, Matsumoto Y, Yamasaki Y. Jaw Motion During Gum-Chewing in Children with Primary Dentition. CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE??, Vol.28, No.1, pp.19-29 (2010).
  • 田口則宏. 海外の医学・歯学教育関連会議参加報告 2009欧州医学教育学会年次総会. 日本歯科医学教育学会, Vol.26, No.2, pp.91-93 (2010).
    Kono H, Yamashita D, Taguchi N, Ban S. Relationship between Firing Temperature and Mechanical Properties of Zirconia. Archives of BioCeramics Researches, Vol.10, pp.98-101 (2010).
    ・Yamashita D, Machigashira M, Miyamoto M, Takeuchi H, Takeuchi N, Kono H, Noguchi K, Ban S. Comparison of Osteoblast-like Cell Response to Zirconia and Titanium. Archives of BioCeramics Researches, Vol.10, pp.34-37 (2010).
  • ・Okuda Y, Noda M, Kono H, Miyamoto M, Sato H, Ban S. Radio-opacity of core materials for all-ceramic restorations. DENTAL MATERIALS JOURNAL, Vol.29, No.1, pp.35-40 (2010).

2009年
  • ・小原 勝, 吉野 宏, 田口則宏, 田村裕子, 小川郁子, 菅井基行, 小川哲次. 広島大学病院(歯科)口腔総合診療室・研修歯科医の鼻腔口腔内メシチリン耐性ブドウ球菌検査. 広島大学歯学雑誌, Vol.41, No.2, pp.135-142 (2009).
  • 田口則宏, 佐々木友枝, 小川哲次. ビデオによる振り返りを用いた医療コミュニケーション・トレーニング. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.25, No.2, pp.115-121 (2009).
  • ・田中良治, 田口則宏. 全顎に及ぶび慢性骨不透過像. デンタルダイヤモンド, Vol.34, No.9, pp.125-126 (2009).
  • 田口則宏, 小川哲次. 学習者はどのように学ぶのか. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.25, No.1, pp.3-14 (2009).
  • 田口則宏,笹原妃佐子,田中良治,小原 勝,小川哲次,土井伸浩,片山荘太郎,瀬川和司,松本紀幸,中村 衛,梶井正文,山野亮介,宮村健一,一瀬智生,西野 宏,津島隆司,三反田 孝. 広島県歯科医師会会員における高齢者とのコミュニケーション. 広島歯科医学雑誌, Vol.36, No.1, pp.31-37 (2009).
  • Taguchi N, Ogawa T. Globalization of Dental Education Lessons Learned from Europe. Proceeding of 3rd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, pp.23-26 (2009).
  • 田口則宏. 海外の医学・歯学教育関連会議参加報告2008 欧州医学教育学会年次総会. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.25, pp.142-144 (2009).
  • Taguchi N, Ogawa T, Sasahara H, Taji T. Authenticity of health communication skills development assessed by means of OSCE stations. The Journal of Hiroshima University Dental Society, Vol.41, pp.1-3 (2009).
  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Noda M, Okuda Y, Nawa M, Ban S. Effect of Specimen Thickness on the 3-point and 4-point Flexural Strength of Zirconia. Bioceramics 22, Vol.22, pp.329-332 (2009).
  • 河野博史, 奥田祐司, 野田誠, 鶴木次郎, 有川裕之, 伴清治. ジルコニアの機械的特性に与える焼成温度の影響. 歯科材料・器械, Vol.28, No.5, pp.314-314 (2009).
  • ・Yamashita D, Machigashira M, Miyamoto M, Takeuchi H, Takeuchi N, Kono H, Noguchi K, Ban S. Biocompatibility of Zirconia with Osteoblast-like cells. Bioceramics 22, Vol.22, pp.337-340 (2009).
  • ・山下大輔,町頭三保,宮本元治,武内博信,竹内尚士,河野博史,野口和行,伴清治. 骨芽細胞様細胞によるジルコニアとチタンの生体適合性の比較評価. 歯科材料・器械, Vol.28, No.5, pp.341-341 (2009).
  • ・Majima HJ, Indo HP, Tomita K, Iwashita Y, Suzuki H, Masuda D, Shimazu T, Tanigaki F, Umemura S, Yano S, Fukui K, Higashibata A, Yamazaki TQ, Kameyama M, Suenaga S, Sato T, Yen HC, Gusev O, Okuda T, Matsui H, Ozawa Tand Ishioka N. Bio-Assessment of RISK in Long-Term Manned Space Exploration - Cell Death Factors in Space Radiation and/or Microgravity. A Review-, Biological Sciences in Space, Vol.23, No.2, pp.43-53 (2009).
  • ・Lee C, Nishihara K, Okawachi T, Iwashita Y, Majima HJ, Nakamura N. A quantitative radiological assessment of outcomes of autogenous bone graft combined with platelet-rich plasma in the alveolar cleft. International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.38, No.2, pp.117-125 (2009).

2008年
  • ・小原 勝, 吉野 宏, 田口則宏, 田中良治, 田村裕子, 小川郁子, 菅井基行, 小川哲次. 広島大学病院(歯科)総合診療室歯科治療ユニット水系の緑膿菌、レジオネラ属、メシチリン耐性黄色ブドウ球菌と一般細菌検査. 広島大学歯学雑誌, Vol.40, No.2, pp.129-135 (2008).
  • ・Hayasaki H, Saitoh I, Iwase Y, Inada E, Hasegawa H, Tokutomi J, Matsumoto Y, Yamasaki, Y. Movement of the Instantaneous Center of Rotation and the Position of the Lateral Excursion Center During Lateral Excursion. CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE??, Vol.26, No.4, pp.255-264 (2008).
  • 田口則宏, 小川哲次, 田中良治, 小原 勝, 笹原妃佐子. キャリアデザインから見た歯科医師臨床研修のアウトカム評価. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.24, No.2, pp.182-189 (2008).
  • ・Inada E, Saitoh I, Hayasaki H, Yamada C, Iwase Y, Takemoto Y, Matsumoto Y, Yamasaki Y. Cross-sectional growth changes in skeletal and soft tissue cephalometric landmarks of children. CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE??, Vol.26, No.3, pp.170-181 (2008).
  • 田口則宏. 海外の医学・歯学教育関連会議参加報告 2007 欧州医学教育学会年次総会. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.24, pp.102-103 (2008).
  • ・小川哲次, 吉田登志子, 緒方哲朗, 鈴木一吉, 大石美佳, 千葉逸朗, 田口則宏, 伊藤孝訓, 堀 陽香. これからの医療コミュニケーション教育の目標設定とカリキュラムストラクチャー. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.24, pp.261-266 (2008).
  • Taguchi N, Ogawa T, Sasahara H. Japanese Dental Trainees Perceptions of Educational Environment Measurement in Postgraduate Training. Medical Teacher, Vol.30, No.7, pp.e189-e193 (2008).
  • ・伊藤孝訓, 寺中敏夫編. 患者ニーズにマッチした歯科医療面接の実際. クインテッセンス出版 (2008).
  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Shinohara N, Nawa M, Ban S. Comparison with Low Temperature Degradation of Dental Zirconia Ceramics. Archives of BioCeramics Researches, Vol.8, pp.101-104 (2008).
  • 河野博史,宮本元治,佐藤秀夫,篠原直幸,名和正弘,伴清治. ジルコニアの低温劣化に与えるサンドブラストと熱処理の影響. 歯科材料・器械, Vol.27, No.5, pp.347-347 (2008).
  • ・宮本元治,伴清治,竹内尚士,山下大輔,河野博史,町頭三保,野口和行. 歯科修復材料のX線不透過性の比較. 歯科材料・器械, Vol.27, No.5, pp.374-374 (2008).
  • ・Yamashita D, Machigashira M, Miyamoto M, Takeuchi H, Takeuchi N, Kono H, Noguchi K, Ban S. Initial attachment of osteoblast-like cells on zirconia in comparison to titanium. Archives of BioCeramics Researches, Vol.8, pp.174-177 (2008).

2007年
  • 田口則宏, 小川哲次, 田中良治, 笹原妃佐子. 歯科医師臨床研修における新たな教育環境評価法の可能性. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.23, No.2, pp.154-161 (2007).
  • ・宮脇正一, 小椋幹記, 瀬戸口尚志, 小山徹, 西原一秀, 吉田礼子, 坂口勝義, 田畑純, 五月女さき子, 石神哲郎, 川島清美, 佐藤強志, 重田浩樹, 西恭宏, 徳田雅行, 志野久美子, 鳥居光男, 西川殷維. ITの活用と導線の工夫などによる客観的臨床能力試験(OSCE)の新たな人的資源削減の試みとその効果. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.23, No.1, pp.56-64 (2007).
  • ・小椋幹記, 小山徹, 梶原武弘, 坂口勝義, 五月女さき子, 瀬戸口尚志, 西原一秀, 吉田礼子, 宮脇正一. OSCE評価シート自動採点・集計システムの構築. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.23, No.1, pp.65-69 (2007).
  • Kono H, Miyamoto M, Ban S. Bioactive Apatite Coating on Titanium Using an Alternate Soaking Process. DENTAL MATERIALS JOURNAL, Vol.26, No.2, pp.186-193 (2007).
  • ・宮本元治,河野博史,山下大輔,町頭三保,神原賢治,野口和行,和泉雄一,伴清治. 表面改質したチタンプレート上での骨芽細胞様細胞MC3T3-E1の初期付着. 日本歯周病学会会誌, Vol.49, No.秋季特別, pp.183-183 (2007).

2006年
  • Matsumoto Y, Yoshihara T, Yamasaki Y. Maternal deprivation in the early versus late postnatal period differentially affects growth and stress-induced corticosterone responses in adolescent rats. BRAIN RESEARCH , Vol.1115, pp.155-161 (2006).
  • ・田中良治,田口則宏,小川哲次, 歯科医師臨床研修におけるICLS導入への取り組み−ICLSシミュレーションコースの試み−第1報−. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.22, No.2, pp.155-160 (2006).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,小川哲次. 歯科研修医の退職時における医師賠償責任保険への加入状況、および院外研修のための傷害保険に対する加入状況. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.22, No.1, pp.42-46 (2006).
  • 田口則宏. 英国ダンディー大学歯学部における卒前歯科医学教育. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.22, No.1, pp.47-57 (2006).
  • ・長谷川梢, 古市保志, 志野久美子, 四元幸治, 吉元剛彦, 児島正明, 和泉雄一. 鹿児島県の某高等学校における継続的歯周組織健診. 歯周組織の健康状態の把握, 腔衛生指導による介入の効果, Vol.48, No.1, pp.28-39 (2006).
  • ・吉田雅司, 吉田礼子, 黒江和斗, 副島和久, 森主宜延. スポーツ外傷に関するアンケート調査. 鹿児島市スポーツ少年団, スポーツ歯学:, Vol.9, No.1, pp.20-24 (2006).
  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Ban S. Apatite coating on Ti mesh using an alternate soaking process. Archives of BioCeramics Research, Vol.6, pp.157-158 (2006).
  • ・Miyamoto M, Yamashita D, Kono H, Takeuchi H, Kanbara K, Machigashira M, Izumi Y, Ban S. Evaluation of biocompatibility with bioactive surface modification of titanium. Archives of BioCeramics Researches, Vol.6, pp.312-314 (2006).
  • ・Yamashita D, Miyamoto M, Kono H, Sato H, Izumi Y, Ban S. Effect of Phospholyl Oligosaccharides of Calcium on Apatite Formation Ability of Titanium Surface in vitro. Archives of BioCeramics Researches, Vol.2006, pp.309-311 (2006).
  • 河野博史,宮本元治,佐藤秀夫,山下大輔,伴清治. 交互浸漬法によるチタンへのアパタイトコーティング(第3報) チタンメッシュへの応用. 歯科材料・器械, Vol.25, No.2, pp.82-82 (2006).
  • ・山下大輔,宮本元治,佐藤秀夫,河野博史,橋口真紀子,神原賢治,町頭三保,和泉雄一,伴清治. ジルコニア/アルミナ・ナノ複合材料上における骨芽細胞様細胞の増殖. 歯科材料・器械, Vol.25, No.5, pp.386-386 (2006).
  • ・山下大輔,宮本元治,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. チタン表面におけるアパタイト形成能に及ぼすリン酸化オリゴ糖の影響(第1報) in vitro評価. 歯科材料・器械, Vol.25, No.2, pp.101-101 (2006).
  • ・宮本元治,山下大輔,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. 表面改質したチタンプレート上での骨芽細胞様細胞の増殖・分化. 歯科材料・器械, Vol.25, No.2, pp.91-91 (2006).
  • ・Ban S, Taniki T, Sato H, Kono H, Iwaya Y, Miyamoto M. Acid etching of titanium for bonding with veneering composite resin. DENTAL MATERIALS JOURNAL , Vol.25, No.2, pp.382-390 (2006).
  • Kono H, Miyamoto M, Sato H, Ban S. Apatite coating on Ti surface using alternate soaking process. Key Engineering Materials, Vol.18, No.309-311, pp.679-682 (2006).
  • ・Miyamoto M, Kono H, Yuda A, Goto H, Machigashira M, Ban S, Izumi Y. Early cellular responses of osteoblast-like cells on acid etching and alkaline treated titanium. Key-Engineering Materials, Vol.18, No.309-311, pp.403-406 (2006).
  • ・Ban S, Iwaya Y, Kono H, Sato H. Surface modification of titanium by etching in concentrated sulfuricacid. Dental Materials, Vol.22, pp.1115-1120 (2006).
  • ・Ohira Y.,Kawano F.,Wang XD.,Sudoh M.,Iwashita Y., Majima H.J., Nonaka I. Irreversible morphological changes in leg bone following chronic gravitational unloading of growing rats. Life Sciences, Vol.79, No.7, pp.686-694 (2006).
  • ・Sato T, Kawabata Y, Saigo Y, Iwashita Y, Suenaga S, Indo HP, Hamahira S, Kawano K, Nitta T, Morita Y, Majima HJ, Sugihara K. Interpretation of scintigraphic findings of oral malignant tumours with a new scanning agent of technetium-99m-hexakis-2-methoxy-isobutylisonitrile(Tc-99m-MIBI). Dentomaxillofac Radiol, Vol.35, No.1, pp.24-29 (2006).

2005年
  • 石川久美子, 歯周病患者における歯肉溝滲出液中のvascular endothelial growth factor(VEGF)のSRP治療前後の変動, 日本歯周病学会会誌, Vol.47, No.3, pp.203-210 (2005).
  • 田口則宏,小川哲次,笹原妃佐子,白井憲一,吉野 宏,谷 亮治,島末 洋,田地 豪,安部倉 仁,田中栄二,天野秀昭,田口 明,寳田 貫,名原行徳,小川郁子, 能動型臨床研修システムの構築 −標準化と個別化に向けてー, 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.21, No.2, pp.196-204 (2005).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,小川哲次, 一般歯科診療所の研修医受け入れに関する研究―質問紙調査の分析結果―, 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.21, No.3, pp.242-249 (2005).
  • ・河村誠, 笹原妃佐子, 高世尚子, 田口則宏, 古賀寛, 小川哲次, 若者の口腔保健関連要因の予測に関するダイナミック・シミュレーション, 日本口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, pp.118-120 (2005).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,貞森紳丞,田口則宏,小川哲次, 本学病院の歯科領域で臨床教育や研修を受けている者の 医療事故に対する保険と傷害保険への加入状況について, 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.20, No.2, pp.11-16 (2005).
  • Kono H, Miyamoto M, Sato H, Ban S. Deposition of apatite on pure titanium by alternate soaking. Archives of BioCeramics Researches, Vol.5, pp.55-58 (2005).
  • ・Sato H, Kono H, Yaniki T, Ban S. Improvement of the bonding durability between veneering composite resin and titanium by acid-etching. Archives of BioCeramics Researches, Vol.5, pp.265-268 (2005).
  • ・Miyamoto M, Takeuchi H, Yamashita D, Kono H, Sato H, Goto H, Machigashira M, Ban S, Izumi Y. Initial attachment of osteoblast-like cells to titanium with various surface modification. Archives of BioCeramics Researches, Vol.5, pp.234-237 (2005).
  • ・Ban S, Kono H, Sato H, Miyamoto M, Yamashita D, Iwaya Y Apatite-forming ability of acid-etching/alkaline-treated titanium in vitro, Archives of BioCeramics Researches, Vol.5, pp.51-54 (2005).
  • 河野博史,宮本元治,佐藤秀夫,山下大輔,伴清治. 交互浸漬法によるチタンへのアパタイトコーティング in vitroにおける生体活性評価. 歯科材料・器械, Vol.24, No.5, pp.293-293 (2005).
  • ・宮本元治,河野博史,岩谷由香梨,佐藤秀夫,山下大輔,伴清治,和泉雄一. 表面改質チタンへの骨芽細胞様細胞の初期付着. 歯科材料・器械, Vol.24, No.5, pp.343-343 (2005).
  • 河野博史,佐藤秀夫,岩谷由香梨,伴清治. 高濃度酸によるチタンの表面改質(第5報) 交互浸漬法によるアパタイト形成に与える効果. 歯科材料・器械, Vol.24, No.2, pp.89-89 (2005).
  • ・佐藤秀夫,伴清治,河野博史,岩谷由香梨. 高濃度酸によるチタンの表面改質 硬質レジン前装の前処理への応用. 歯科材料・器械, Vol.24, No.2, pp.113-113 (2005).
  • 河野博史. 高濃度酸によるチタンの表面改質 交互浸漬法によるアパタイト形成に与える効果. DE, Vol.156, pp.33-34 (2005).
  • ・Ban S, Kono H, Iwaya Y, Yuda A, Izumi Y. Effect of concentrated sulfuric acid-etching on apatite-forming ability of alkaline-treated titanium. Key Engineering Materials, Vol.17, No.284-286, pp.525-528 (2005).
  • ・Sato T, Kawabata Y, Suenaga S, Indo HP, Kawano K, Iwashita Y, Morita Y, Majima HJ. Scintigraphy for interpretation of malignant tumours of the head and neck: comparison of technetium-99m-hexakis-2-methoxyisobutylisonitrile (Tc-MIBI) and thallium-201-chloride (Tl-201). Dentomaxillofac Radiol, Vol.34, No.5, pp.268-273 (2005).
  • ・Sato T, Kawabata Y, Nitta T, Saigo Y, Iwashita Y, Suenaga S, Hamahira S, Indo HP, Morita Y, Majima HJ, Sugihara K. Expression of permeability-glycoprotein (P-gp) and uptake of technetium-99m-hexakis-2-methoxyisobutyl-isonitrile (Tc-99m-MIBI) in malignant tumour of the head and neck. Dentomaxillofac Radiol, Vol.34, No.5, pp.274-278 (2005).
  • ・Kawatoko S, Sato T, Kawabata Y, Suenaga K, Suenaga S, Morita Y, Indo HP, Kawano K, Iwashita Y, Majima HJ, Sugihara K, Senba I. A trial for histopathological subclassification of papillary cystadenoma lymphomatosum by 99Tcmpertechnetate in a patient with multiple bilateral lesions of the parotid glands. Dentomaxillofac Radiol, Vol.34, No.4, pp.218-221 (2005).
  • ・Sato T, Indo HP, Kawabata Y, Kobayashi T, Suenaga S, Iwashita Y, Nitta T, Sugihara K, Majima HJ. Thallium-201 chloride (Tl-201) accumulation and Na+/K+-ATPase expression in tumours of the head and neck. Dentomaxillofac Radiol, Vol.34, No.4, pp.212-217 (2005).

2004年
  • 田口則宏. 軟質義歯裏装材を用いた総義歯の一症例. 日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, pp.811-814 (2004).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,谷 亮治,小川哲次. 歯学部附属病院における患者満足度調査からみえた臨床教育活動評価. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.20, No.1, pp.19-24 (2004).
  • 田口則宏,小川哲次,笹原妃佐子,白井憲一,吉野 宏,谷 亮治,島末 洋,田地 豪,安部倉 仁,田中栄二,天野秀昭,田口 明,寳田 貫,名原行徳,小川郁子. 卒後臨床研修の総括的評価におけるOSCEの可能性. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.20, No.1, pp.127-134 (2004).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,小川哲次. OSCEの結果入力の正確化. 広島大学歯学雑誌, Vol.36, No.2, pp.198-200 (2004).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,小川哲次. 平成15年度OSCEを利用した教育業績に関する一考察. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.19, No.2, pp.436-443 (2004).
  • 田口則宏,小川哲次. Clinical Skill Assessment としてのOSCE. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.19, No.2, pp.343-351 (2004).
  • ・河村 誠,笹原妃佐子,田口則宏,岩崎代利子,小川哲次. トレーニングソフト「歯グキを見る目を養おう」(ダーグス)で得られた中学生ならびに歯学生の「歯周状態判断力」について. 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, pp.42-49 (2004).
  • 河野博史,佐藤秀夫,湯田昭彦,岩谷由香梨,伴清治. 高濃度酸エッチングによるチタンの表面改質 アルカリ処理に与える影響. 歯科材料・器械, Vol.23, No.5, pp.364-364 (2004).
  • ・伴清治,河野博史,佐藤秀夫, 岩谷由香梨,湯田昭彦,和泉雄一. 高濃度酸によるチタンの表面改質 酸濃度と種類の影響. 歯科材料・器械, Vol.23, No.5, pp.347-347 (2004).
  • ・湯田昭彦,岩谷由香梨,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. チタンメッシュへの水熱・電気化学的アパタイトコーティング 骨芽細胞様細胞の石灰化物形成への影響. 歯科材料・器械, Vol.23, No.5, pp.454-454 (2004).
  • ・岩谷由香梨,湯田昭彦,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. 高濃度酸エッチングによるチタンの表面改質 濃硫酸による温度と時間の影響. 歯科材料・器械, Vol.23, No.5, pp.355-355 (2004).
  • Kono H, Sato H, Yuda A, Iwaya Y, Ban S. Morphological regulation of hydrothermal-electrochemically deposited apatite. Archives of BioCeramics Researches, Vol.4, pp.210-213 (2004).
  • ・Yuda K, Iwaya Y, Kono H, Sato H, Izumi Y, Ban S. Biocompatibility test of apatite coating titanium mesh prepared by hydrothermal-electrochemical method. Archives of BioCeramics Researches, Vol.4, pp.279-284 (2004).
  • ・大橋博文,河野博史,吉岡崇,迫口賢二,嶺崎良人,鬼塚雅,田中卓男. マグネットアタッチメントにおけるキーパーを支台歯へ直接固定する方法の研究(第1報) ポストキーパーと築造用コンポジットレジンの接着強さ. 接着歯学, Vol.22, No.3, pp.237-244 (2004).

2003年
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,小川哲次. 歯学部新入生の口腔ケア意識と歯肉状態の経年的推移について. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.19, No.1, pp.46-50 (2003).
  • 石川久美子, 古市保志, 伊藤博夫, 四元幸治, 下津昭洋, 山下皓三, 児島正明, 和泉雄一. 歯周病罹患状況と臨床検査値及び歯周病原性細菌に対する血清抗体価の変化とその関連 同じ被験者を対象とした3年間の調査結果. 日本歯周病学会会誌, Vol.45, No.4, pp.394-401 (2003).
  • ・木下智恵, 吉田礼子, 諏訪素子, 鉛山ゆかり, 篠原直幸. 卒後臨床研修における症例経過報告書の試み. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.19, No.1, pp.180-185 (2003).
  • ・Ogawa T, Taguchi N, Sasahara H. Assessing Communication Skills for Medical Interview in a Postgraduate Clinical Training Course at the Hiroshima University Dental Hospital. EuropeanJournal of Dental Education, Vol.7, No.2, pp.60-65 (2003).
  • ・細井紀雄, 浜田泰三, 早川巌, 村田比呂司, 田口則宏, 守澤正幸, 平野滋三, 米山喜一, 東條敏明. 義歯床用軟質裏装材の応用効果. 日本歯科医学会誌, Vol.22, pp.51-61 (2003).
  • ・小川哲次,田口則宏,赤川安正. 本学歯学部2年生への早期ヘルスコミュニケーション教育 −模擬患者を用いた問題立脚型講義法ー. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.18, No.2, pp.454-460 (2003).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,貞森紳丞,田口則宏,小川哲次. 患者による歯科研修医の評価に関する研究 −患者の診療満足度調査票を利用してー. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.18, No.2, pp.329-333 (2003).
  • 田口則宏,小川哲次,森下真行,冨士谷盛興,谷 亮治,伊藤良明,田地 豪,玉本光弘,渡邉峰朗,海原康孝,田口 明,寳田 貫,河原道夫, 総合歯科医療研修におけるOSCEの標準化−研修前期,中期,後期における到達度の推移−. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.18, No.2, pp.239-247 (2003).
  • Kono H, Takahashi Y, Sato H, Okuda Y, Ban S, Tanaka T. Effect of Surface Treatment of 12%AuPdAg Alloy on Its Bonding Strength to Veneering Resin. Archives of BioCeramics Researches, Vol.3 (2003).

2002年
  • 石川久美子, 南睦美, 松下健二, 古市保志, 鳥居光男, 和泉雄一. 歯周病患者歯肉溝滲出液中に検出されるvascular endothelial growth factor(VEGF)とその変動. 日本歯周病学会会誌, Vol.44, No.4, pp.387-395 (2002).
  • 田口則宏,小川哲次,赤川安正. 臨床研修におけるヘルスコミュニケーション能力教育−OSCEを用いたインフォームド・コンセントの評価結果について−. 広島大学歯学雑誌, Vol.34, pp.102-106 (2002).
  • ・小川哲次,田口則宏,赤川安正. 本学歯学部附属病院の卒後臨床研修の実態−1年次研修医へのアンケート調査結果−. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.2, pp.283-289 (2002).
  • ・小川哲次,田口則宏,赤川安正. 卒後臨床研修における基本的臨床能力としての総合マネージメントの意義. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.2, pp.210-215 (2002).
  • ・小川哲次,田口則宏,笹原妃佐子,冨士谷盛興,谷 亮治,伊藤良明,田地 豪,玉本光弘,田中栄二,石川隆義,田口 明,寳田 貫 ,赤川安正. 本学歯学部附属病院における卒後臨床研修の実態−3年間の研修結果と今後の問題点−. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.2, pp.216-224 (2002).
  • ・小川哲次,田口則宏,赤川安正. 臨床研修におけるヘルスコミュニケーション能力教育−OSCEを用いた医療面接の評価結果について−. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.2, pp.274-282 (2002).
  • 田口則宏,小川哲次,笹原妃佐子,冨士谷盛興,谷 亮治,伊藤良明,田地 豪,玉本光弘,田中栄二,石川隆義,田口 明,寳田 貫 ,赤川安正. 総合歯科医療研修評価におけるOSCEの導入. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.2, pp.386-394 (2002).
  • 田口則宏,小川哲次,笹原妃佐子,冨士谷盛興,谷 亮治,伊藤良明,田地 豪,玉本光弘,田中栄二,石川隆義,田口 明,寳田 貫 ,赤川安正. OSCE実施に対する卒後臨床研修医へのアンケート調査. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.2, pp.290-296 (2002).
  • ・Murata H, Taguchi N, Hamada T, Kawamura M, McCabe JF. Dynamic Viscoerasticity of Soft Liners and Masticatory Function, Journal of Dental Reseaerch. Vol.81, No.2, pp.123-128 (2002).

2001年
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,大倉博子,田口則宏,小川哲次. 訪問歯科診療に対する教育プログラムの構築. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.17, No.1, pp.75-82 (2001).
  • Taguchi N, Murata H, Hamada T, Hong G. Effect of Viscoerastic Properties of Resilient Denture Liners on Pressures Under Dentures. Journal of Oral Rehabilitation, Vol.28, No.11, pp.1003-1008 (2001).
  • ・貞森紳丞,浜田泰三,中居伸行,牧平清超,田口則宏,玉本光弘,村田比呂司,二川浩樹,安部 倉 仁,熊谷 宏,西村正宏. 臨床実習評価へのOSCE導入の試みー歯冠補綴および架工義歯の臨床実習ー. 広島大学歯学雑誌, Vol.33, pp.67-70 (2001).
  • 田口則宏,村田比呂司,浜田泰三. 義歯安定剤(材)の現状. 広島歯科医学会雑誌, Vol.28, No.1, pp.10-16 (2001).
  • ・村田比呂司,楢崎泰史,田口則宏,浜田泰三. 新たな総義歯臨床コンセプト”フィジオロジックデンチャー”. デンタルダイヤモンド, Vol.103, pp.22-29 (2001).
  • ・村田比呂司,浜田泰三,田口則宏,土岐一仁,川村真弓,二川浩樹,熊谷 宏,中居伸行,貞森紳丞. 義歯裏装の基礎と効果的臨床応用, 歯科医学と健康の創造. 歯界展望増刊号, pp.321- (2001).

2000年
  • ・小川哲次,田口則宏,笹原妃佐子,冨士谷盛興,谷 亮治,伊藤良明,吉田光由,玉本光弘,田中栄二,岡田 貢,田口 明,杉村光隆. 広島大学歯学部附属病院の卒後臨床研修報告−総合歯科医療研修−. 広島大学歯学雑誌, Vol.32, No.2, pp.89-93 (2000).
  • ・Murata H., Taguchi N., Hamada T., McCabe JF. Dynamic viscoelastic properties and the age changes of long-term soft denture liners. Biomaterials, Vol.21, No.14, pp.1421-1427 (2000).
  • ・笹原妃佐子,河村 誠,田口則宏,小川哲次. 歯科医師卒後臨床研修における介護実習の意義について. 日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.16, No.2, pp.183-189 (2000).
  • 岩下洋一朗,野井倉武憲,藤井孝一,井上勝一郎,大平充宣. 後肢懸垂後の回復におけるラット大腿骨の骨塩量と力学的性質の検討. 日本骨形態計測学会雑誌, Vol.10, No.1, pp.19-25 (2000).
  • Iwashita Y. Basic study of the measurement of bone mineral content of cortical and cancellous bone of the mandible by computed tomography. Dentmaxillofac. Rad., Vol.29, No.4, pp.209-215 (2000).

〜1999年
  • ・中村圭介, 吉田礼子, 池田浩一, 伊藤学而. 下顎限界運動と顔面骨格ならびに顎関節の形態との関連. 西日本歯科矯正学会雑誌, Vol.43, No.2, pp.91-99 (1998).
  • 吉田礼子. 液状飼料飼育マウスの咀嚼筋筋線維の分化と発達に関する研究. 日本矯正歯科学会雑誌, Vol.54, No.1, pp.52-63 (1995).
  • 諏訪素子. ラット切歯における象牙芽細胞突起の微細構造. 日本歯科保存学雑誌、Vol.33, No.5, pp.1423-1432 (1990).

講演・シンポジスト等

  • 2018年
  • 大戸敬之. 地域から求められる総合歯科医療−様々なシチュエーションで考える−. 第11回日本総合歯科学会総会・学術大会,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 2018年10月, 鹿児島市
  • 田口則宏. 医療を支えるコミュニケーション.鹿児島実業高校 出前授業,2018年09月, 鹿児島市
  • 田口則宏. アウトカム基盤型教育 理論と実践.長崎大学歯学部FD講演会,2018年02月,長崎市
    田口則宏. アウトカム基盤型教育の歯学教育への導入.日本大学松戸歯学部FD教育講演会,2018年01月,松戸市
  • 2017年
  • 田口則宏. 歯科医師臨床研修制度について.平成29年度鹿児島大学歯学部進路相談会,2017年11月,鹿児島市
    田口則宏. 鹿児島大学歯学部で学べること.鹿児島大学歯学部オープンキャンパス,2017年08月,鹿児島市
    田口則宏. 効果的な体験指導法.全国歯科技工士教育協議会 平成29年度第6回専任教員講習会,2017年08月,福岡市
    田口則宏. これからの歯学教育の方向性 鹿児島大学歯学部の取り組み.薩摩郡歯科医師会講演会,2017年08月,鹿児島市
    田口則宏. アウトカム基盤型教育〜今後のカリキュラム改革の方向性〜.北海道大学歯学部FD講演会,2017年06月,札幌市

  • 2016年
  • 田口則宏. 「アウトカム基盤型教育」,講演, 第7回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研), 2016年12月

  • 2015年
  • 田口則宏. 「アウトカム基盤型教育」,講演, 第6回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研), 2015年12月

  • 2014年
  • 田口則宏. 「アウトカム基盤型教育」,講演, 第5回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研), 2014年12月

  • 2013年
  • 田口則宏. 「医療面接 −コミュニケーションの重要性」, 講演, 鹿児島県歯科医師会, 2013年7月20日.
    田口則宏. 「歯科医師臨床研修制度について」, 基調講演, 鹿児島大学歯学部同窓会, 2013年6月27日

  • 2012年
  • 田口則宏. 「アウトカム基盤型教育」, 講演, 第3回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研), 2012年12月
    田口則宏. 「Best Evidence for Dental Education 歯科医学におけるベストエヴィデンスとは?」,基調講演, 第1回歯科医学教育研究を議論する研究集会(日本歯科医学教育学会), 2012年 7月.
    田口則宏. 「学習者はどのように学ぶのか」,基調講演, 平成24年度鹿児島大学歯学部教員FDワークショップ, 2012年 6月.

  • 2011年
  • 田口則宏.「アウトカム基盤型教育」, 基調講演、第2回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研)、日本歯科医学教育学会,2011年12月.
    田口則宏. 「学習者中心の教育と指導上のティップス」,基調講演,平成23年度九州大学歯学部カリキュラムプランニング講習会,2011年8月.
    田口則宏.「歯科医師臨床研修制度について」,基調講演, 第10回鹿児島大学歯学部同窓会進路相談会,2011年5月.
    田口則宏.「学習者中心の歯科医学教育」,基調講演,平成23年度鹿児島大学歯学部FDワークショップ,2011年1月.

  • 2010年
  • 田口則宏.「アウトカム基盤型教育」,基調講演,第1回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研),2010年12月.
    田口則宏.「歯科医師臨床研修制度について」,基調講演,第9回鹿児島大学歯学部同窓会進路相談会,2011年10月.
    田口則宏.「歯科医師臨床研修制度の現状と展望」,講演,平成22年度鹿児島大学歯学部同窓会鹿児島支部講演会,2010年9月.
    田口則宏.「医療教育における客観的診療能力試験OSCEの評価と今後の在り方」,シンポジウム,第42回日本医学教育学会,2010年7月.

  • 2009年
  • 田口則宏.「Globalization in Dental Education: Lessons learned from Europe」,シンポジウム,3rd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry,2009年11月.
  • 田口則宏. 「高等教育のグローバル化への潮流とわが国の歯学士課程教育とのハーモニゼーションへ向けて・学士課程教育におけるOutcome and Competence-Based Learning」,シンポジウム,第28回日本歯科医学教育学会,2009年11月.

  • 2008年
  • 田口則宏.「これからの医療コミュニケーション教育の目標設定とカリキュラムストラクチャー カリキュラムストラクチャーの在り方」,シンポジウム,第27回日本歯科医学教育学会,2009年7月.
    田口則宏.「Portfolio Reflection と Self-directed Learning」、基調口演、第10回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会、広島、2008年5月25日.
    田口則宏.「Portfolio Reflection と Self-directed Learning」、基調口演、第9回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会、香川、2008年2月10日.

  • 2007年
  • 田口則宏.「Portfolio Reflection と Self-directed Learning」、基調口演、第8回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会、徳島、2007年6月24日.

  • 2006年
  • 田口則宏.「スタートした卒後歯科臨床研修」、基調口演、広島大学歯学部第一口腔外科同門会、広島、2006年9月9日.

  • 2001年以前
  • 田口則宏.「リスクマネージメントと教育指導」,ケースプレゼンテーション,第9回歯科医師臨床研修指導医講習会,2001年7月.

学会発表

2018年
吉田礼子, 古川周平,松本祐子, 岩下洋一朗, 田口則宏.歯科医師の医療面接における非言語コミュニケーションが患者の評価へ与える影響,第50回日本医学教育学会大会,2018年08月,東京医科歯科大学.

田口則宏.歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研)〜これまでとこれから〜,第37回日本歯科医学教育学会,2018年07月,奥羽大学.

・宮本佑香, 大戸敬之, 作田哲也, 中山歩, 岩下洋一朗, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏.歯学部教員へのインタビューの質的分析の経験,第37回日本歯科医学教育学会,2018年07月,奥羽大学.

大戸敬之, 中山歩, 作田哲也, 岩下洋一朗, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏.効果的なプロフェッショナリズム教育についての一考察 鹿児島大学での教育実践例から,第37回日本歯科医学教育学会,2018年07月,奥羽大学.

岩下洋一朗, 吉田礼子, 松本祐子作田哲也中山歩大戸敬之田口則宏.鹿児島大学歯学部におけるアウトカム基盤型教育に基づくeポートフォリオの導入,第37回日本歯科医学教育学会,2018年07月,奥羽大学.

中山歩, 田口則宏, 大戸敬之, 南 弘之.地域に根ざして歯科医療を実践する人材の育成―3年次における歯科診療所実習―,第37回日本歯科医学教育学会,2018年07月,奥羽大学.

田口則宏,西村正宏,南 弘之,西谷佳浩,中山歩大戸敬之岩下洋一朗,宮脇正一.鹿児島大学が展開する全国歯学生離島実習プログラム 課題解決型高度医療人材養成プログラムの一環として,第37回日本歯科医学教育学会,2018年07月,奥羽大学.
吉田礼子. 医療面接演習時の会話内容分析 −歯並びの相談− 第13回九州矯正歯科学会学術大会 2018年2月17日 鹿児島市.

2017年
田口則宏.新たな時代を見据えた歯学教育のデザイン ―鹿児島大学の取り組み―,第3回鹿児島国際歯学シンポジウム,2017年11月,鹿児島市.
田口則宏, 吉田礼子, 松本祐子, 岩下洋一朗, 中山歩, 大戸敬之, 作田哲也, 古川周平. 総合歯科の理解を目指した卒前学外実習プログラム. 第10回日本総合歯科学会, 平成29年11月, 新潟市.
松本祐子, 岩下洋一朗, 吉田礼子, 中山歩, 大戸敬之, 作田哲也, 古川周平,田口則宏. 大学生の歯科に対する意識調査 −歯科健診時のアンケートから−. 第10回日本総合歯科学会, 平成29年11月, 新潟市.
大戸敬之, 松本祐子, 中山歩, 作田哲也, 古川周平, 岩下洋一朗, 吉田礼子,田口則宏. 総合歯科医の成長過程についての一考案 −島の歯科医の語りから−. 第10回日本総合歯科学会, 平成29年11月, 新潟市.
・三島優美子,青山歌奈絵,成昌ファン,瀧下彰将,永田督人,M田栄樹,藤田正樹,基 敏裕,山下裕輔,吉田礼子田口則宏. 研修歯科医が経験するヒヤリハットの傾向と対策. 第10回日本総合歯科学会, 平成29年11月, 新潟市.
岩下洋一朗, 吉田礼子, 松本祐子作田哲也中山歩大戸敬之古川周平田口則宏,高永 茂. 三次元センサーの医療者教育への応用の検討 第2報 Kinect V2センサーの表情解析による医療面接評価支援 第49回日本医学教育学会大会 2017年8月19日 札幌市.
・村永文学,田川まさみ,田口則宏岩下洋一朗,??美千代: 医学・歯学・看護学教育のコンピテンシーとマイルストーン評価機能を有したe-ポートフォリオの開発 第49回日本医学教育学会大会 2017年08月 札幌市.
大戸敬之, 古川周平, 岩下洋一朗, 中山歩, 作田哲也, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. 鹿児島大学歯学部のプロフェッショナリズム教育と歯学生の理想の医療者像 第49回日本医学教育学会大会 2017年08月 札幌市
・山本祐士, 佐藤秀夫, 岩下洋一朗, 田口則宏, 山崎要一. 3Dカメラを応用した摂食嚥下機能評価システムの開発−歯学部学生に対する新規教育モデルの提案−. 第36回日本歯科医学教育学会総会, 平成29年7月, 松本市.
岩下洋一朗, 田口則宏. Kinect センサー(Kinetics-Connection Sensor)の歯学教育への応用. 第36回日本歯科医学教育学会総会, 平成29年7月, 松本市.
田口則宏, 小松澤均, 吉田礼子, 西恭宏, 宮脇正一. 地域基盤型歯学教育における新たな取り組み. 第36回日本歯科医学教育学会総会, 平成29年7月, 松本市.
中山歩, 田口則宏, 南弘之. 地域歯科医療プログラムの実践−地域で活躍する医療人の育成−. 第36回日本歯科医学教育学会総会, 平成29年7月, 松本市.
大戸敬之,松本祐子, 中山歩, 作田哲也, 古川周平, 岩下洋一朗, 吉田礼子,田口則宏.離島歯科医療に求められるコンピテンシーについての一考察 ―島の歯医者の語りを通じて― 第36回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2017年07月29日 松本市


2016年
  • 中山歩, 大戸敬之, 田口則宏. 鹿児島県の離島における歯科医療の現状. 第9回日本総合歯科学会総会・学術大会, 平成28年11月, 岡山市.
  • Iwashita Y, Furukawa S, Yoshida R, Matsumoto Y, Taguchi N, Takanaga S. Application to Health Professions' Education of 3D Sensor ?Medical Interview Evaluation System by Conversation Analysis Software ELAN and Kinect V2. AMEE annual conference, 2016/8/27-31, Barcelona.
  • Furukawa S, Yoshida R, Iwashita Y, Matsumoto Y, Taguchi N. Evaluating dental residents' non-verbal communication during the objective structured clinical examination. 42nd Annual ADEE scientific meeting, 2016/8/24-26, Barcelona.
  • 大戸敬之, 岩下洋一朗, 中山歩, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. 離島歯科医療実習が学生のその後に与えた影響. 第48回日本医学教育学会大会, 平成28年7月30日, 高槻市.
  • 古川周平, 吉田礼子, 岩下洋一朗, 松本祐子, 田口則宏. 研修歯科医のOSCE医療面接における非言語コミュニケーションが指導歯科医および模擬患者の評価へ与える影響. 第35回日本歯科医学教育学会大会, 2016年7月1-2日, 大阪.
  • 岩下洋一朗, 松本祐子, 吉田礼子, 河野博史, 田口則宏. 鹿児島大学歯学部における電子版診療参加型臨床実習・臨床研修連携ログブックの導入の試み. 第35回日本歯科医学教育学会大会, 2016年7月1-2日, 大阪.
  • 大戸敬之, 中山 歩, 岩下洋一朗, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. 離島歯科医療実習から学生たちが学んだこと. 第35回日本歯科医学教育学会大会, 2016年7月1-2日, 大阪.
  • 田口則宏, 小松澤均, 松口徹也, 宮脇正一. 鹿児島大学歯学部におけるアウトカム基盤型教育に基づくカリキュラム改革−導入までのプロセス−. 第35回日本歯科医学教育学会大会, 2016年7月1-2日, 大阪.
  • ・Miura H, Nakayama A, Kusakabe Y, Harada S. Development and maintenance of taste epithelium: Taste buds and surrounding cells. The 17th International Symposium on Olfaction and Taste, 6/2016, Yokohama.
  • ・江口洋子, 夏迫亜弥, 養田尚美, 椋木里美, 村上杏理, 中山歩, 西恭宏, 中村康典. 鹿児島医療センター病棟看護師の口腔ケアに関する意識調査-口腔ケアチーム導入後の現状と課題-. 第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月, 千葉市.

2015年

  • Oto T, Obayashi T , Nagatani Y, Taguchi N. Analysis of the Professionalism of Dental trainees in Japan. 41th Association for Dental Education in Europe Szeged,29/8/2015, Szeged.
  • ・M田栄樹, 瀬戸口大道, 松本祐子, 田口則宏. 大学生の口腔に対する意識の高さと歯の形態の認知度との関連について. 第34回日本歯科医学教育学会学術大会, 2015年7月10日, 鹿児島.
  • 中山歩, 山口孝二郎, 田口則宏. 歯科医師臨床研修における漢方診療研修導入の試み. 第34回日本歯科医学教育学会学術大会, 2015年 7月10日, 鹿児島.
  • 大戸敬之, 大林泰二, 長谷由紀子, 田口則宏. 研修歯科医のプロフェッショナリズムとコミュニケーション. 第7回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会, 2015年9月6日, 福岡.
  • ・阿多美幸, 下田佳祐, 大戸敬之, 田口則宏. 研修歯科医のやる気スイッチはどこにあるのか?. 第7回日本総合歯科学会学術集会, 2015年11月20日, 東京.
  • 岩下洋一朗, 志野久美子 , 吉田礼子, 松本祐子 , 河野博史, 中山 歩, 大戸敬之, 古川周平, 田口則宏, 高永 茂. 三次元センサの医療者教育への応用の検討. 会話分析ソフトELANとKinectのデータ共有による医療面接評価支援. 第47回日本医学教育学会大会, 2015年7月25日, 新潟.
  • ・長島 正, 毛利有希子, 竹重文雄, 永松 浩, 岩下洋一朗, 吉永和雄, 谷岡正行, 中嶋竜一, 小林建太郎. 臨床実習・臨床研修連携ログブックの電子化 第5 報 歯科医師臨床研修の到達目標に対する評価. 第34回日本歯科医学教育学会学術大会, 2015年7月10日, 鹿児島.
        

2014年

  • Oto T, Obayashi T, Nagatani Y, Nishi H, Ohara M, Ogawa T. Effect of Theatrical Interprofessional Education Program. 40th ADEE(Riga),2014.
    Oto T, Obayashi T, Nagatani Y, Nishi H, Ohara M, Ogawa T. The importance of external training and training team size in clinical practice. 41th AMEE 2014(Milano),2014.
    ・Obayashi T, Oto T, Nagatani Y, Kjitani K, Ogawa T. The comparison of the depth of reflection:Dental trainees reflect more critically by failure experience. 16th OTTAWA CONFERENCE(OTTAWA),2014.
    ・小川哲次, 大林泰二, 大戸敬之, 大林奈美, 西 裕美, 小原 勝. 医療面接のラーニングアウトカムとストラテジーを考える. 第33回日本歯科医学教育学会(小倉),2014.
    ・長谷由紀子, 大戸敬之, 大林泰二, 脇 忠幸, 竹本俊伸, 小川哲次. 歯科衛生士に必要な人間性の獲得に関する-考察-他職種連携医療を担っていたベテラン歯科衛生士の語りを通して-. 第6回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会(広島),2014.
    大戸敬之, 大林泰二, 長谷由紀子, 小川哲次. 研修歯科医は何にコミュニケーションの戸惑いを覚えるのか-振り返りの解析から-. 第6回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会(広島),2014.
  • 岩下洋一朗, 河野博史, 志野久美子, 中山 歩, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. Kinect for Windowsの歯科医学教育学への応用の検討 第二報 医療面接評価への応用. 第33回日本歯科医学教育学会総会, 2014年 7月 (福岡).
  • 岩下洋一朗, 河野博史, 志野久美子, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. Kinect for Windows の医療者教育への応用の検討. 第46回日本医学教育学会大会, 2014年 7月 (和歌山).
  • 吉田礼子, 松本祐子, 志野久美子, 岩下洋一朗, 河野博史, 中山歩, 田口則宏. ビデオによる振り返りを用いた医療コミュニケーショントレーニングー3年間の概要と振り返りー. 第33回日本歯科医学教育学会総会, 2014年 7月 (福岡).
  • 岩下洋一朗,田口則宏,高永 茂. 3D センサーの医療者コミュニケーション教育への応用−Kinect センサーの検討−. 日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会, 2014年 9月 (広島).
  • ・石井宏明,柿内貞之,永沢貴丈,錦 貴弘,野木武洋,吉田礼子,岩下洋一朗,田口則宏. 離島巡回診療研修に対する研修歯科医の意識について. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2014年 11月 (大阪).
  • 古川周平, 河野博史, 岩下洋一朗, 田口則宏. 地域基盤型医療プロフェッショナリズム教育の構築に向けて〜地域開業歯科医師からのニーズ分析〜. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2014年 11月 (大阪).

2013年

  • 吉田礼子, 岩下洋一朗, 松本祐子, 諏訪素子, 志野久美子, 河野博史, 田口則宏. 歯科医師臨床研修における医療コミュニケーション能力の評価─医療面接OSCE─. 第32回日本歯科医学教育学会総会, 2013年 7月 (札幌).
  • 岩下洋一朗, 河野博史, 志野久美子, 諏訪素子, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. Kinect for Windows の歯科医学教育学への応用の検討 第32回日本歯科医学教育学会総会, 2013年 7月 (札幌).

2012年

  • 諏訪素子, 志野久美子, 松本祐子, 吉田礼子, 岩下洋一朗, 田口則宏. 鹿児島大学病院歯科医師臨床研修の研修修了者による評価. 第5回日本総合歯科協議会, 2012年12月 (大阪).
  • 志野久美子, 諏訪素子, 吉田礼子, 松本祐子, 岩下洋一朗, 田口則宏. 鹿児島大学病院における離島診療研修の現状分析. 第5回日本総合歯科協議会, 2012年12月 (大阪).
  • 松本祐子, 吉田礼子, 諏訪素子, 志野久美子, 岩下洋一朗, 田口則宏. 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修における鹿児島大学学生歯科検診導入の試み. 第5回日本総合歯科協議会, 2012年12月 (大阪).
  • ・榎本 勝, 秋山雄佑, 亀之園俊介, 熊谷直之, 榊原理絵, 大庵佑介, 田中慧吾, 徳地宏子, 仲井さくら, 中野陽平, 野添陽平, 松下創思, 三股由紀子, 吉田礼子, 岩下洋一朗, 田口則宏. 研修歯科医の研修の満足度に影響する因子. 第5回日本総合歯科協議会, 2012年12月 (大阪).
  • ・大林泰二, 梶谷佳代, 長谷由紀子, 西 裕美, 田口則宏, 小川哲次. 歯科研修医が深く振り返ることは、どのような効果をもたらすのか?. 第44回日本医学教育学会, 2012年 7月 (横浜).
  • 田口則宏, 中村典史, 杉原一正, 門川明彦, 今村晴幸, 西原一秀, 岩崎智憲, 糀谷 淳. 鹿児島大学歯学部における臨床能力評価の取り組み 臨床実習終了時OSCE. 第31回日本歯科医学教育学会, 2012年 7月 (岡山).
  • 吉田礼子, 松本祐子, 諏訪素子, 志野久美子, 河野博史, 岩下洋一朗, 田口則宏. 歯科医師臨床研修におけるSignificant Event Analysis を用いた振り返り. 第31 回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2012年 7月 (岡山).
  • ・中山 歩, 岩下洋一朗, 田松裕一, 有川裕之, 梶原武弘, 門川明彦, 薗村貴弘, 塚田澄代, 松本祐子, 丸山浩美, 田口則宏. 鹿児島大学歯学部CBT 作問委員会, 教員の教育能力向上の取り組み −CBT 作問を通じて−. 第31 回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2012年 7月 (岡山).
  • 岩下洋一朗, 河野博史, 志野久美子, 諏訪素子, 松本祐子, 吉田礼子, 田口則宏. 鹿児島大学病院歯科医師臨床研修におけるe-learning システム導入の試み. 第31 回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2012年 7月 (岡山).
  • ・山口孝二郎, 島田和幸, 佐藤友昭, 田口則宏. 鹿児島大学歯学部における歯科東洋医学教育の現状と今後の展開. 第31回日本歯科医学教育学会, 2012年 7月 (岡山).
  • ・田地 豪, 田口則宏, 竹本俊伸, 玉本光弘, 宮内美和, 渡辺峰朗, 水田邦子, 上田 宏, 島津 篤, 小川哲次, 内田 隆. 歯学部初年次教育におけるPBLチュートリアルの3年間の実践とその評価. 第31回日本歯科医学教育学会, 2012年 7月 (岡山).
  • ・藤井規孝, 田口則宏, 長谷川篤司, 木尾哲朗, 多田充裕, 小川哲次, 樋口勝規, 伊藤孝訓. 大学における総合歯科の現状 第1報:組織構成を担当業務. 第31回日本歯科医学教育学会, 2012年 7月 (岡山).
  • ・木尾哲朗, 長谷川篤司, 藤井規孝, 田口則宏, 多田充裕, 小川哲次, 樋口勝規, 伊藤孝訓. 大学における総合歯科の現状 第2報:臨床・教育・研究のテーマ(合意形成に向けて). 第31回日本歯科医学教育学会, 2012年 7月 (岡山).
  • ・多田充裕, 藤井規孝, 田口則宏, 長谷川篤司, 木尾哲朗, 小川哲次, 樋口勝規, 伊藤孝訓. 大学における総合歯科の現状 第3報:一般歯科医に関する諸外国での認識. 第31回日本歯科医学教育学会, 2012年 7月 (岡山).

2011年

  • ・大林泰二, 西 裕美, 小原 勝, 田中良治, 佐々木友枝, 梶谷佳代, 長谷由紀子, 田口則宏, 小川哲次. 歯科研修医に対する質問誌調査分析. 医療コミュニケーション教育研究セミナー, 2011年 12月 (広島).
  • ・村木佑己子, 小熊亮介, 小林弘樹, 坂元あえか, 橘政 宏, 土岩 剛, 村山 真, 矢野博之, 山口洋平, 吉満将吾, 木野内潤三郎, 吉田礼子, 岩下洋一朗, 田口則宏. 研修歯科医の生活背景およびそれが研修に与える影響. 日本総合歯科協議会, 2011年 11月 (新潟).
  • ・河村誠, 岡田貢, 笹原妃佐子, 島津篤, 田口則宏, 小川哲次. 学校歯科健診で用いるGO,Gに関するキャリブレーション練習ソフトの開発. 日本口腔衛生学会総会, 2011年 10月 (千葉).
  • ・大林泰二, 西裕美, 小原 勝, 田中良治, 佐々木友枝, 梶谷佳世, 長谷由紀子, 田口則宏, 小川哲次. SCATを用いた歯科臨床研修に対する質的研究の試み. 日本歯科医学教育学会, 2011年 7月 (東京).
  • 吉田礼子, 松本祐子, 諏訪素子, 志野久美子, 河野博史, 田口則宏. 患者説明研修におけるフィードバックに関する研究. ポスター, 第30回日本歯科医学教育学会, 東京, 2011年7月17日.
  • ・小川哲次, 田中良治, 小原 勝, 西裕美, 大林泰二, 佐々木友枝, 田口則宏. 省察的学習者から省察的実践家reflective practitionerへの変容. ポスター, 第30回日本歯科医学教育学会, 東京, 2011年7月17日.
  • ・大林泰二, 西裕美, 小原 勝, 田中良治, 佐々木友枝, 梶谷佳世, 長谷由紀子, 田口則宏, 小川哲次. SCATを用いた歯科臨床研修に対する質的研究の試み. ポスター, 第30回日本歯科医学教育学会, 東京, 2011年7月17日.
  • 田口則宏, 田松裕一, 鎌下祐次, 諏訪素子, 河野博史, 佐藤友昭, 松口徹也, 宮脇正一, 杉原一正. 鹿児島大学歯学部教員の教育活動に関するリフレクション FDワークショップの結果から. ポスター, 第30回日本歯科医学教育学会, 東京, 2011年7月16日.

2010年

  • 松本祐子, 吉田礼子, 諏訪素子, 志野久美子, 河野博史, 水枝谷幸恵, 長田恵美, 山本芳丈, 徳富順子, 川上克子, 中村利明, 村口浩一, 丸山浩美, 上川義昭, 比地岡浩志, 佐藤強志, 糀谷 淳, 田口則宏. 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修における基礎研修についてのアンケート調査. ポスター, 第3回総合歯科協議会総会・学術大会, 福岡, 2010年11月6日.
  • Kono H, Yamashita D, Taguchi N, Ban S. Relationship between Firing Temperature and Mechanical Propertiesof Zirconia. The 10th Asian BioCeramics Symposium, Yogyakarta, Indonesia, 2010年11月.
  • ・Yamashita D, Machigashira M, Miyamoto M, Takeuchi H, Takeuchi N, Kono H, Noguchi K, Ban S. Comparison of Osteoblast-like Cell Response to Zirconia and Titanium. The 10th Asian BioCeramics Symposium, Yogyakarta, Indnesia, 2010年11月.
  • 松本祐子, 岩崎智憲, 齊藤一誠, 山崎要一. 長期管理を通して上顎犬歯唇側転位を伴うAngleU級過蓋咬合に対応した一例. ポスター, 第28回日本小児歯科学会九州地方会大会, 福岡, 2010年10月3日.
  • 吉田礼子, 諏訪素子, 松本祐子, 三重幸恵, 志野久美子, 田口則宏. 歯科医師臨床研修後の進路選択に関する調査. ポスター, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • ・西 裕美, 田中良治, 田口則宏, 白井憲一, 長谷川直彦, 津賀一弘, 井上俊二, 小泉浩一, 島末 洋, 清水慶隆, 林 文子, 河村 誠, 岡田 貢, 入舩正浩, 小川哲次. 臨床研修必修化5年後の見直しを前にしてのプログラム評価. 口演, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月24日.
  • ・小川哲次, 西 裕美, 小原 勝, 大林泰二, 佐々木友枝, 田中良治, 田口則宏. 授業科目と螺旋形カリキュラムを活用したプロフェッショナリズム教育. 口演, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月24日.
  • ・梶谷佳世, 佐々木友枝, 前田純子, 田口則宏, 田村裕子, 小川哲次, 山科 透. 生涯研修における在宅歯科診療・口腔ケアのための医療面接トレーニングについて. 口演, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • ・小川哲次, 田中良治, 西 裕美, 小原 勝, 大林泰二, 佐々木友枝, 田口則宏. 歯学部生の学習スタイル分析. ポスター, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • ・佐々木友枝, 大林泰二, 西 裕美, 小原 勝, 田中良治, 前田純子, 田口則宏, 小川哲次. 模擬患者(SP)のフィードバックについての分析, ポスター. 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • 田口則宏, 大林泰二, 小原 勝, 田中良治, 西 裕美, 岡田 貢, 入舩正浩, 小川哲次. 広島大学病院におけるキャリアデザインから見た歯科医師臨床研修のアウトカム. ポスター, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • 吉田礼子, 諏訪素子, 松本祐子, 三重幸恵, 志野久美子, 田口則宏. 歯科医師臨床研修後の進路選択に関する調査. ポスター, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • ・小川哲次, 大林泰二, 西 裕美, 小原 勝, 田中良治, 佐々木友枝, 田口則宏. 生涯学習の第一歩としての自己調整型学習へのファシリテーション. ポスター, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • ・田中良治, 西 裕美, 笹原妃佐子, 河村 誠, 小原 勝, 梶谷佳世, 田村裕子, 大林泰二, 田口則宏, 小川哲次. 歯科医師臨床研修における質の管理(TQM)と継続的向上(CQI)について. ポスター, 第29回日本歯科医学教育学会, 盛岡, 2010年7月23日.
  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Ban S. Effect of Firing Temperature on Properties of Zirconia. International Association for Dental Research, Barcelona, Spain, 2010年7月.
  • ・長谷川大子, 重田浩樹, 松本祐子, 早崎治明, 山崎要一, 吉原俊博. 若年者顎関節症患者における下顎頭形態と関節円板前方転位の関係. ポスター, 第48回日本小児歯科学会大会, 名古屋, 2010年5月19日.

2009年

  • 田口則宏, 岡田 貢, 田中良治, 笹原妃佐子, 小川哲次. 研修歯科医が受けた指導歯科医からのネガティブな待遇. ポスター, 第28回日本歯科医学教育学会, 広島, 2009年11月6日.
  • ・山下大輔,町頭三保,宮本元治,武内博信,竹内尚士,河野博史,野口和行,伴清治. 骨芽細胞様細胞によるジルコニアとチタンの生体適合性の比較評価. 第54回日本歯科理工学会学術講演会, 鹿児島, 2009年10月.
  • 河野博史,奥田祐司,野田誠,鶴木次郎,有川裕之,伴清治. ジルコニアの機械的特性に与える焼成温度の影響. 第54回日本歯科理工学会学術講演会, 鹿児島, 2009年10月.
  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Noda M, Okuda Y, Nawa M, Ban S. Effect of Specimen Thickness on the 3-Point and 4-Point Flexural Strength of Zirconia. 22nd International Symposium on Ceramics in Medicine , Daegu, Korea, 2009年10月.
  • ・Yamashita D, Machigashira M, Miyamoto M, Takeuchi H, Takeuchi N, Kono H, Noguchi K, Ban S. Biocompatibility of Zirconia with Osteoblast-like cells. 22nd International Symposium on Ceramics in Medicine, Daegu, Korea, 2009年10月.
  • 田口則宏, 田中良治, 小原 勝, 小川哲次, 土井伸浩, 片山荘太郎, 瀬川和司, 松本紀幸, 中村 衛, 梶井正文, 山野亮介, 宮村健一, 一瀬智生, 西野 宏, 津島隆司, 三反田 孝. 歯科医師と高齢者とのコミュニケーション 広島県歯科医師会会員の視点から. 口演, 第二回総合歯科協議会, 千葉, 2009年7月19日.
  • 河野博史,宮本元治,山下大輔,野田誠,奥田祐司,名和正弘,伴清治. ジルコニアの曲げ強さに与える試験方法と試料厚さの影響. 第53回日本歯科理工学会学術講演会, 東京, 2009年4月.

2008年

  • 田口則宏, 田中良治, 小原 勝, 小川哲次, 土井伸浩, 片山荘太郎, 瀬川和司, 松本紀幸, 中村 衛, 梶井正文, 山野亮介, 宮村健一, 一瀬智生, 西野 宏, 津島隆司, 三反田 孝. 高齢者とのコミュニケーション 広島県歯科医師会会員の視点から. 口演, 第11回日本コミュニケーション学会中国四国支部会・第三回医療コミュニケーション教育研究セミナー, 広島, 2008年11月30日.
  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Shinohara N, Nawa M, Ban S. Comparison with Low Temperature Degradation of Dental Zirconia Ceramics. The 8th Asian BioCeramics Symposium, Chennai, India, 2008年11月.
  • ・Motoharu M, Ban S, Kono H, Yamashita D, Takeuchi N, Indo H, Machigashira M, Noguchi K, Ban S. Comparison of X-ray Opacity of Dental Materials. The 8th Asian BioCeramics Symposium, Chennai, India, 2008年11月.
  • ・Yamashita D, Machigashira M, Miyamoto M, Takeuchi H, Takeuchi N, Kono H, Noguchi K, Ban S. Initial Attachment of Osteoblast-like Cells on Zirconia in Comparison to Titanium. The 8th Asian BioCeramics Symposium, Chennai, India, 2008年11月.
  • 田口則宏, 田中良治, 小原 勝, 小川哲次, 土井伸浩, 片山荘太郎, 瀬川和司, 松本紀幸, 中村 衛, 梶井正文, 山野亮介, 宮村健一, 一瀬智生, 西野 宏, 津島隆司, 三反田 孝. 広島県歯科医師会会員における高齢者とのコミュニケーション. ポスター, 第47回広島県歯科医学会・第92回広島大学歯学会・日本歯科技工学会中国・四国支部第3回学術大会, 広島, 2008年10月19日.
  • 河野博史,宮本元治,佐藤秀夫,篠原直幸,名和正弘,伴清治. ジルコニアの低温劣化に与えるサンドブラストと熱処理の影響. 第52回日本歯科理工学会学術講演会, 大阪, 2008年9月.
  • ・宮本元治,伴清治,竹内尚士,山下大輔,河野博史,町頭三保,野口和行. 歯科修復材料のX線不透過性の比較. 第52回日本歯科理工学会学術講演会, 大阪, 2008年9月.
  • 田口則宏, 田中良治, 小原 勝, 小川哲次, 土井伸浩, 片山荘太郎, 瀬川和司, 松本紀幸, 中村 衛, 梶井正文, 山野亮介, 宮村健一, 一瀬智生, 西野 宏, 津島隆司, 三反田 孝. 高齢者に対する医療面接. 口演, 総合歯科医療に関する学術研究セミナー2008, 広島, 2008年8月3日.
  • ・田口則宏. これからの医療コミュニケーション教育の目標設定とカリキュラムストラクチャー カリキュラムストラクチャーのあり方. 口演, 第27回日本歯科医学教育学会, 東京, 2008年7月11日.
  • 田口則宏, 小川哲次, 田中良治, 笹原妃佐子, 小原 勝, 岡田 貢. キャリアデザインからみた必修化後の歯科医師臨床研修におけるアウトカム調査. ポスター, 第27回日本歯科医学教育学会, 東京, 2008年7月11日.
  • ・吉田雅司, 赤田典子, 塘亜佳音, 永野恵理, 吉田礼子, 河野博史. 唾液アミラーゼ活性とスポーツストレス. 第19回 日本スポーツ歯科医学会学術大会, 北海道札幌市, 2008年7月.
  • 田口則宏. Portfolio Reflection と Self-directed Learning. 基調口演, 第10回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 広島, 2008年5月25日.
  • 田口則宏. Portfolio Reflection と Self-directed Learning. 基調口演, 第9回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 香川, 2008年2月10日.

2007年

  • 田口則宏. 義歯にまつわるコミュニケーション. 口演, 第10回CAJ中国四国支部大会・第2回医療コミュニケーション教育研究セミナー, 広島, 2007年12月15日.
  • Kono H, Ban S, Kanie T, Yoshida M. Mechanical Properties of EVA for Mouth Guards. International Dental Materials Congress, Bangkok, Thailand, 2007年11月.
  • ・Yano H, Kono H, Kurashige H, Seiji S, Ban S, Tanaka T. Alternate Soaking for Apatite Coating on Ti. International Dental Materials Congress, Bangkok, Thailand, 2007年11月.
  • ・Miyamoto M, Kono H, Sato H, Yamashita D, Machigashira M, Ban S. Acid-etching of Titanium and Its Effect on Bonding Strength to Dental Porcelain. International Dental Materials Congress, Bangkok, Thailand, 2007年11月.
  • ・宮本元治,河野博史,山下大輔,町頭三保,神原賢治,野口和行,和泉雄一,伴清治. 表面改質チタンプレート上での骨芽細胞様細胞MC3T3-E1の初期付着. 第50回秋期日本歯周病学会学術大会, 東京, 2007年9月.
  • 田口則宏, 小川哲次, 田中良治, 笹原妃佐子, 小原 勝, 岡田 貢. キャリアデザインからみた臨床研修のアウトカム調査. 口演, 第26回日本歯科医学教育学会, 岐阜, 2007年7月6日.
  • ・笹原妃佐子, 田口則宏, 小川哲次, 田中良治, 小原 勝, 岡田 貢. 必修化の点検評価 PHEEM (Postgraduate Hospital Educational Environmental Measure). ポスター, 第26回日本歯科医学教育学会, 岐阜, 2007年7月6日.
  • 田口則宏. Portfolio Reflection と Self-directed Learning. 基調口演, 第8回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 徳島, 2007年6月24日.

2006年

  • Kono H, Miyamoto M, Yamashita D, Ban S. Apatite Coating on Ti Nesh Using an Alternate Soaking Process. The 6th Asian BioCeramics Symposium, Bangkok, Thailand, 2006年11月.
  • ・Miyamoto M, Yamashita D, Kono H, Takeuchi H, Kanbara K, Machigashira M, Izumi Y, Ban S. Evaluation of Biocompatibility with Bioactive Surface Modificationof Titanium. The 6th Asian BioCeramics Symposium, Bangkok, Thailand, 2006年11月.
  • ・Yamashita D, Miyamoto M, Kono H, Sato H, Izumi Y, Ban S. Effect of Phospholyl Oligosaccharides of Calcium on Apatite Formation Ability of Titanium Surface in vitro. The 6th Asian BioCeramics Symposium, Bangkok, Thailand, 2006年11月.
  • ・山下大輔,宮本元治,佐藤秀夫,河野博史,橋口真紀子,神原賢治,町頭三保,和泉雄一,伴清治. ジルコニア/アルミナ・ナノ複合材料上における骨芽細胞様細胞の増殖. 第48回日本歯科理工学会学術講演会, 名古屋, 2006年10月.
  • 田口則宏. スタートした卒後歯科臨床研修. 基調口演, 広島大学歯学部第一口腔外科同門会, 広島, 2006年9月9日.
  • 田口則宏, 小川哲次, 田中良治、岡田 貢. Portfolio:臨床初期研修における自己主導型学習と評価. ポスター, 第25回日本歯科医学教育学会, 仙台, 2006年6月17日.
  • 田口則宏, 小川哲次, 田中良治, 笹原妃佐子. PHEEM(Postgraduate Hospital Educational Environment Measure)の有用性. 口演, 第25回日本歯科医学教育学会, 仙台, 2006年6月16日.
  • ・山下大輔,宮本元治,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. チタン表面におけるアパタイト形成能におよぼすリン酸化オリゴ糖の影響(第1報)in vitro評価. 第47回日本歯科理工学会学術講演会, 東京, 2006年4月.
  • ・宮本元治,山下大輔,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. 表面改質チタンへの骨芽細胞様細胞の増殖・分化. 第47回日本歯科理工学会学術講演会, 東京, 2006年4月.
  • 河野博史,宮本元治,佐藤秀夫,山下大輔,伴清治. 交互浸漬法によるチタンへのアパタイトコーティング第3報−チタンメッシュへの応用―. 第47回日本歯科理工学会学術講演会, 東京, 2006年4月.
  • ・Kuse M, Taguchi N, Stirrups DR. Dental students initial perceptions of their clinical educational environment. ポスター, Hiroshima Conferenceon Education and Science in Dentistry, 広島, 2006年1月9日.

2005年

  • Kono H, Miyamoto M, Sato H, Ban S. Apatite Coating on Ti Surface Using Alternate Soaking Process. 18th International Symposium of Ceramics in Medicine, Kyoto, 2005年12月.
  • ・Miyamoto M, Kono H, Yuda A, Goto H, Machigashira M, Ban S, Izumi Y. Early Cellular Responses of Osteoblast-like Cells on Acid-etching and Alkaline Treated Titanium. 18th International Symposium of Ceramics in Medicine, Kyoto, 2005年12月.
  • Kono H, Miyamoto M, Sato H, Ban S. Deposition of Apatite on Pure Titanium by Alternate Soaking. The 5th Asian BioCeramics Symposium, Sapporo, 2005年10月.
  • ・Ban S, Kono H, Sato H, Miyamoto M, Yamashita D, Iwaya Y. Apatite-forming Ability of Acid-etching/alkaline-treated Titanium in vitro. The 5th Asian BioCeramics Symposium, Sapporo, 2005年10月.
  • ・Sato H, Kono H, Taniki T, Ban S. Improvement of the Bonding Durability between Veneering Composite Resin and Titanium by Acid-etching. The 5th Asian BioCeramics Symposium, Sapporo, 2005年10月.
  • ・Miyamoto M, Takeuchi H, Yamashita D, Kono H, Sato H, Goto H, Machigashira M, Ban S, Izumi Y. Initial Attachment of Osteoblast-like Cells to Titanium with Various Surface Modification. The 5th Asian BioCeramics Symposium, Sapporo, 2005年10月.
  • 河野博史,宮本元治,佐藤秀夫,山下大輔,伴清治. 交互浸漬法によるチタンへのアパタイトコーティング−in vitro における生体活性評価―. 第46回日本歯科理工学会学術講演会, 長崎, 2005年9月.
  • ・佐藤秀夫,伴清治,河野博史,岩谷由香梨. 高濃度酸によるチタンの表面改質 硬質レジン前装の前処理への応用. 第45回日本歯科理工学会学術講演会, 東京, 2005年4月.
  • 河野博史,佐藤秀夫,岩谷由香梨,伴清治. 高濃度酸によるチタンの表面改質(第5報)−交互浸漬法によるアパタイト形成に与える効果―. 第45回日本歯科理工学会学術講演会, 東京, 2005年4月.
  • ・伴清治,岩谷由香利,河野博史,佐藤秀夫,湯田昭彦. 高濃度酸による純チタンおよびチタン合金の表面処理, 第18回歯科チタン学会, 京都, 2005年2月.

2004年以前

  • ・Ban S, Kono H, Iwaya Y, Yuda A, Izumi Y. Effect of Concentrated Sulfuric Acid-etching on Apatite-forming Ability of Alkaline-treated Titanium. 17th International Symposium of Ceramics in Medicine, New Orleans, USA, 2004年12月.
  • ・岩谷由香梨,湯田昭彦,河野博史,佐藤秀夫,和泉雄一,伴清治. 高濃度酸によるチタンの表面改質−濃硫酸による温度と時間の影響―. 第44回日本歯科理工学会学術講演会, 京都, 2004年9月.
  • ・伴清治,河野博史,佐藤秀夫,岩谷由香梨,湯田昭彦,和泉雄一. 高濃度酸によるチタンの表面改質―酸濃度と種類の影響―. 第44回日本歯科理工学会学術講演会, 京都, 2004年9月.
  • 河野博史,佐藤秀夫,湯田昭彦,岩谷由香梨,伴清治. 高濃度酸エッチングによるチタンの表面改質―アルカリ処理に与える影響―, 第44回日本歯科理工学会学術講演会, 京都, 2004年9月.
  • Kono H, Sato H, Yuda A, Iwaya Y, Ban S. Morphological Regulation of Hydrothermal-electrochemically Deposited Apatite. The 4th Asian BioCeramics Symposium in Conhunction with International Symposium on Nano and BioMaterials, Kongju, Korea, 2004年9月.
  • ・Yuda A, Iwaya Y, Kono H, Sato H, Izumi Y, Ban S. Biocompatibility Test of Apatite Coating Titanium Mesh Prepared by Hydrothermal-electrochemical Method. The 4th Asian BioCeramics Symposium in Conjunction with International Symposium on Nano and BioMaterials, Kongju, Korea, 2004年9月.
  • 河野博史,高橋 優,佐藤秀夫,奥田祐司,伴清治,田中卓男. 12%金銀パラジウム合金の表面構造が硬質レジンとの接着強さに及ぼす影響. 第22回日本接着歯学会学術大会, 鹿児島, 2004年1月.
  • Kono H, Takahashi Y, Sato H, Okuda Y, Ban S, Tanaka T. Effect of 12%AuPdAg Alloy on its Bonding Strength to Veneering Resin. The 3rd Asian BioCeramics Symposium, Fukuoka, 2003年11月.

講習会・ワークショップ等主催

2019年
・平成30年度鹿児島大学病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,2019年2月2日〜3日

2018年
・第11回日本総合歯科学会 学術大会,2018年10月27日〜28日
・平成30年度鹿児島大学病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,2018年11月10日〜11日

2016年
・平成28年度鹿児島大学病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2016年10月29日〜30日

2015年
・第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 2015年7月10日〜11日
・平成27年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2015年10月24日〜25日

2014年
・平成26年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床指導歯科医講習会, 2014年11月15日〜16日

2013年
・平成25年度歯科医師臨床研修ワークショップ, 2013年4月

2012年
・平成24年度鹿児島大学歯学部FDワークショップ, 2012年6月23日
・平成24年度歯科医師臨床研修ワークショップ, 2012年4月

2011年
・平成23年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,2011年12月
・平成23年度歯科医師臨床研修ワークショップ,2011年4月
・平成22年度鹿児島大学歯学部FDワークショップ,2011年1月29日

2010年
・平成22年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,2010年12月4-5日
・平成22年度歯科医師臨床研修ワークショップ,2010年4月

講習会・ワークショップ等世話係・タスクフォース

2018年
田口則宏. タスクフォース, 長崎大学病院主催歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,平成30年2月,長崎市.
田口則宏. タスクフォース, 九州大学病院主催歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 平成30年2月, 福岡市.
田口則宏. スーパーアドバイザー・タスクフォース,平成29年度伊藤歯科口腔病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会,2018年03月,熊本市.
田口則宏. タスクフォース,平成30年度第1回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップU,2018年05月,日本歯科大学.
田口則宏. タスクフォース, 平成30年度第2回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップU,2018年06月,朝日大学.
田口則宏.モデレーター,平成30年度医学歯学教育指導者のためのワークショップ,2018年07月,東京慈恵大学.
田口則宏.座長,第37回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,2018年07月,郡山.
田口則宏.タスクフォース,平成30年度プログラム責任者講習会,2018年09月,神奈川.
田口則宏.タスクフォース,平成30年度第2回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップT,平成30年年12月,北九州市.

2017年
田口則宏. タスクフォース, 医療系大学間共用試験実施評価機構主催平成29年度1回歯学系OSCE評価者養成ワークショップU, 平成29年6月, 郡山市.
田口則宏. タスクフォース, 福岡歯科大学医科歯科総合病院主催歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 平成29年7月, 福岡市.
田口則宏. タスクフォース, 医療系大学間共用試験実施評価機構主催平成29年度2回歯学系OSCE評価者養成ワークショップU, 平成29年7月, 横須賀市.
田口則宏. モデレーター, 文部科学省主催平成29年度医学・歯学教育指導者のためのワークショップ, 平成29年7月, 東京慈恵医科大学.
田口則宏. 座長,第36回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,平成29年07月,松本市.
田口則宏. タスクフォース, 歯科医療振興財団主催平成29年度プログラム責任者講習会, 平成29年9月, 千葉市.
田口則宏. 座長,第9回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会,平成29年09月,京都大学.
田口則宏. 準備責任者, 医療系大学間共用試験実施評価機構主催平成29年度1回歯学系OSCE評価者養成ワークショップ, 平成29年11月, 鹿児島市.
田口則宏. 座長,第10回日本総合歯科学会総会・学術大会,平成29年11月,新潟市.
田口則宏. 実行委員長・タスクフォース, 日本歯科医学教育学会主催第8回歯学教育者のためのワークショップ(富士研), 平成29年12月, 千葉市.
田口則宏.タスクフォース, 徳島大学病院主催第21回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 平成29年12月, 徳島市.
田口則宏.タスクフォース, 日本口腔インプラント学会主催カリキュラム研修ワークショップ , 平成29年1月 , 千葉市.
田口則宏.タスクフォース,岡山大学病院主催中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会 , 平成29年2月 , 岡山市.
田口則宏.タスクフォース,長崎大学病院主催歯科医師臨床研修指導歯科医講習会 , 平成29年2月 , 長崎市.

  • 2016年
  • ・平成28年度鹿児島大学病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2016年10月29日〜30日, ディレクター:田口則宏, タスクフォース:吉田礼子, 松本祐子, 中山 歩, 作田哲也, 岩下洋一朗, 大戸敬之.
  • ・第7回歯科医歯学教育者のためのワークショップ(富士研), 日本歯科医学教育学会, 2016年12月, ディレクター:田口則宏.

  •  2015年
  • ・第4回歯科医学教育研究を議論する研究集会, 日本歯科医学教育学会, 2015年7月9日, 世話人:河野博史, アドバイザー:田口則宏.
  • ・第6回歯科医歯学教育者のためのワークショップ(富士研), 日本歯科医学教育学会, 2015年12月, タスクフォース:田口則宏.
  • ・平成27年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2015年10月24日〜25日, ディレクター:田口則宏, タスクフォース:吉田礼子, 松本祐子, 河野博史, 志野久美子, 中山 歩, 岩下洋一朗, スタッフ:古川周平, 大戸敬之.

  •  2014年
  • ・平成26年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2014年11月15日〜16日, ディレクター:田口則宏, タスクフォース:吉田礼子, 松本祐子, 河野博史, 志野久美子, 中山 歩, 岩下洋一朗, スタッフ:古川周平, 大戸敬之.
  • ・第5回歯科医歯学教育者のためのワークショップ(富士研), 日本歯科医学教育学会, 2014年12月, タスクフォース:田口則宏.

2013年

  • ・第2回歯科医学教育研究を議論する研究集会, 日本歯科医学教育学会, 2013年7月11日, 世話人:河野博史, アドバイザー:田口則宏.
  • ・第15回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 徳島大学病院, 2013年6月15-16日, タスクフォース:田口則宏.

2012年

  • ・第3回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研), 日本歯科医学教育学会, 2012年12月, タスクフォース:田口則宏.
  • ・第14回中国・四国地区歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 広島大学病院, 2012年12月22-23日, タスクフォース:田口則宏.
  • ・平成24年度鹿児島大学歯学部FDワークショップ, 2012年6月23日, 鹿児島大学, ディレクター:田口則宏, タスクフォース:吉田礼子、岩下洋一朗.

2011年

  • ・平成23年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2011年12月, ディレクター:田口則宏, タスクフォース:諏訪素子、吉田礼子、松本祐子、河野博史、志野久美子.
  • ・平成23年度第2回鹿児島大学新任教員FD研修会, 鹿児島大学, 2011年10月27日, 鹿児島大学稲盛アカデミー, ディレクター:田口則宏.
  • ・平成23年度第1回鹿児島大学新任教員FD研修会, 鹿児島大学, 2011年10月25日, 鹿児島大学稲盛アカデミー, ディレクター:田口則宏.
  • ・第13回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会, 広島県歯科医師会・広島大学病院, 2011年6月11日-6月12日, タスクフォース:田口則宏.
  • ・平成22年度九州大学歯学部FDワークショップ, 九州大学歯学部, 2011年, タスクフォース:田口則宏.

2010年

  • ・平成22年度鹿児島大学医学部・歯学部附属病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 鹿児島大学医学部・歯学部附属病院, 2010年, タスクフォース:田口則宏,吉田礼子, 諏訪素子,河野博史,松本祐子.
  • ・第12回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会, 広島県歯科医師会・広島大学病院, 2010年, タスクフォース:田口則宏.
  • ・第1回歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研), 日本歯科医学教育学会, 2010年, タスクフォース:田口則宏.
  • ・平成22年度鹿児島大学歯学部FDワークショップ, 鹿児島大学歯学部, 2010年, ディレクター:田口則宏,タスクフォース:諏訪素子,河野博史.

2009年

  • ・第10回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会,広島県歯科医師会・広島大学病院,2009,タスクフォース:田口則宏.

2008年

  • ・第9回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会,香川県歯科医師会・徳島大学病院,2008,タスクフォース:田口則宏.

2007年

  • ・第8回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会,徳島大学病院,2007,タスクフォース:田口則宏.
  • ・平成19年度歯科医師臨床研修指導医講習会,鹿児島大学医学部・歯学部附属病院,2007,タスクフォース:吉田礼子.

2006年

  • ・第7回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会,広島県歯科医師会・広島大学病院,2006,タスクフォース:田口則宏.

2004年

  • ・第1回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会,広島県歯科医師会・広島大学病院,2004,タスクフォース:田口則宏.

講習会・ワークショップ等参加

 2019年
・第71回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC),2019年01月,岐阜大学,田口則宏, 吉田礼子, 松本祐子, 大戸敬之, 岩下洋一朗.

 2018年
・医療事故調査制度研修会(日本歯科医師会),2018年01月,東京,田口則宏.
・第67回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC),2018年1月,早稲田大学, 吉田礼子, 大戸敬之.
・日本医学教育学会認定医医学教育専門家資格制度学習者評価Aコース, 2018年3月, 東京都, 大戸敬之.
・日本医学教育学会認定医医学教育専門家資格制度カリキュラム開発(CD)コース, 2018年5月, 東京都, 大戸敬之.

・第68回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC),2018年06月,岐阜大学,田口則宏, 松本祐子, 岩下洋一朗.
・第69回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC),2018年08月,信州大学,大戸敬之.
・IBM SPSS Statistics 操作入門, 2018年11月, 東京都, 作田哲也.
・日本歯科医学教育学会第9回歯科医学教育者のためのワークショップ, 2018年12月, 幕張国際研修センター, 吉田礼子.


  •  2017年
  • ・第63回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC), 2017年1月27日〜29日, 岐阜大学, 吉田礼子, 大戸敬之.
  • ・診療参加型臨床実習後客観的臨床能力試験トライアル実施に関するWS,2017年12月,日本歯科大学,田口則宏.

  •  2016年
  • ・第59回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC), 2016年1月23日〜24日, 岐阜大学, 吉田礼子.
  • ・第60回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC),東京医科大学,2016年05月,田口則宏
  • ・第61回医学教育セミナーとワークショップ, 2016年8月19日〜21日, 岐阜大学, 吉田礼子.
  • ・平成28年度鹿児島大学病院歯科医師臨床研修指導歯科医講習会, 2016年10月29日〜30日, 鹿児島大学病院, 古川周平.

  •  2015年
  • ・医学教育専門家資格制度コース「カリキュラム開発・評価」, 2015年5月16日〜17日, 岩下洋一朗.
  • ・第57回医学教育セミナーとワークショップ, 2015年8月7日〜8日, 岐阜大学, 松本祐子, 大戸敬之.
  • ・第11回RISAトレーニング・ワークショップ, 2015年8月7日〜8日, 岐阜大学, 吉田礼子, 岩下洋一朗, 古川周平.
  • ・共用試験OSCE全国説明会, 2015年10月26日, 東京, 松本祐子.
  • ・医学/医療者教育研究&臨床研究ワークショップ質的研究編(2), 2015年11月14日〜15日, 大阪大学, 松本祐子.

  •  2014年
  • ・SCATセミナー, 2014年1月11日〜12日, 広島大学, 松本祐子.
  • ・医学教育専門家養成認定コースワーク「A学習者の評価」, 2014年3月1日〜2日, 吉田礼子, 岩下洋一朗.
  • ・医学教育専門家養成認定コースワーク「Bカリキュラム開発・評価」, 2014年5月, 吉田礼子.
  • ・平成26年度第2回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップU, 2014年7月26日〜27日, 新潟大学, 松本祐子.
  • ・第53回医学教育セミナーとワークショップ, 2014年8月8日〜10日, 岐阜大学, 松本祐子.
  • ・第54回医学教育セミナーとワークショップ(MEDC),2014年10月,九州大学,田口則宏.

2013年

  • ・第48回医学教育セミナーとワークショップ, 京都大学, 2013年6月8,9日, 田口則宏.
  • ・第7回医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー, 2013年8月3日〜4日, 名古屋市, 松本祐子.
  • ・平成25年度医療コミュニケーション教育研究セミナー, 広島大学, 2013年12月, 松本祐子.
  • ・第40回医学教育者のためのワークショップ(日本医学教育学会主催),2013年12月,静岡,田口則宏.

2012年

  • ・平成24年度医療コミュニケーション教育研究セミナー, 広島大学, 2012年12月, 吉田礼子, 松本祐子, 田口則宏.
  • ・第45回医学教育セミナーとワークショップ, 歯科領域における情報提供, 行動変容の援助をめぐる医療コミュニケーション教育, 2012年8月17〜18日, 岐阜大学医学部, 松本祐子.
  • ・第6回医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー(新初級編), 日本歯科医学教育学会, 2012年8月9〜10日, 名古屋, 志野久美子.
  • ・平成24年度医学・歯学教育指導者のためのワークショップ, 文部科学省, 2012年7月25日, 東京慈恵会医科大学, 田口則宏.
  • ・平成24年度共用試験歯学系OSCE外部評価者養成ワークショップU(保存系), 医療系大学間共用試験実施評価機構, 2012年6月2〜3日, 日本大学松戸歯学部, 諏訪素子.
  • ・平成24年度第1回共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップT, 2012年11月3日〜4日, 福岡歯科大学, 松本祐子.
  • ・第43回医学教育セミナーとワークショップ, 教育ポートフォリオ評価トライアル&評価者養成ワークショップ, 日本医学教育学会 医学教育専門家養成検討委員会, 2012年1月28〜29日, 岐阜, 田口則宏.

2011年

  • ・第42回医学教育セミナーとワークショップ, 医学教育専門家養成を目指したパイロットコースワーク第3弾:カリキュラムの開発・評価, 医学教育学会医学教育専門家育成検討委員会, 2011年10月29日〜10月30日, 東京大学, 吉田礼子、志野久美子、松本祐子、河野博史.
  • ・第41回医学教育セミナーとワークショップ, 医学教育専門家養成を目指したパイロットコースワーク第2弾:学習者の評価, 医学教育学会医学教育専門家育成検討委員会, 2011年8月6日〜8月7日, 岐阜大学, 吉田礼子、志野久美子、松本祐子、河野博史.
  • ・第40回医学教育セミナーとワークショップ, 岐阜大学医学部医学教育開発研究センター, 2011年5月14日〜5月15日, 岐阜大学, 諏訪素子、志野久美子.
  • ・第39回 医学教育セミナーとワークショップ, プロフェッショナリズム教育を形づくり、そして動かすためには, 岐阜大学医学部医学教育開発研究センター, 2011年1月22日〜1月23日, 広島大学, 諏訪素子.
  • ・第39回 医学教育セミナーとワークショップ, 医学教育専門家養成を目指したパイロットコースワーク第1弾:学習と教授方法, 医学教育学会医学教育専門家育成検討委員会, 2011年1月22日〜1月23日, 広島大学, 志野久美子、松本祐子、河野博史.

2010年

  • ・第4回医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー(中級編), 日本歯科医学教育学会, 2010年12月10日〜12月12日, 名古屋市, 吉田礼子.
  • ・平成22年度愛知学院大学指導歯科医講習会, 愛知学院大学, 2010年10月10日〜10月11日, 名古屋市, 志野久美子.
  • ・平成22年度プログラム責任者講習会, 歯科医療研修振興財団, 2010年9月18日〜9月21日, 諏訪素子.

2009年

  • ・歯科医師臨床研修プログラム責任者講習会, 歯科医療研修振興財団, 2009年12月4日〜12月7日, 田口則宏.
  • ・平成21年度第1回共用試験歯学系OSCE機構派遣外部評価者養成ワークショップ, 共用試験実施評価機構, 2009年, 田口則宏, 吉田礼子.
  • ・第10回中国四国地区歯科医師臨床研修指導医講習会, 徳島大学病院, 2009年, 河野博史.

2008年

  • ・平成20年度プログラム責任者講習会, 歯科医療研修振興財団, 2008年, 松本祐子.

2007年

  • ・第1回医療コミュニケーション・ファシリテータ養成セミナー, 日本歯科医学教育学会, 2007年12月8日〜12月9日, 名古屋市, 田口則宏, 吉田礼子.
  • ・平成19年度第2回共用試験歯学系OSCEワークショップ, 共用試験実施評価機構, 2007年, 諏訪素子.

2006年

  • ・平成18年度プログラム責任者、副プログラム責任者のためのワークショップ,日本歯科医学教育学会,2006,田口則宏, 諏訪素子.
  • ・平成18年度責任者講習会(富士研WS),歯科医療研修振興財団,2006,吉田礼子.
  • ・平成17年度プログラム責任者・副プログラム責任者のためのワークショップ,日本歯科医学教育学会,2006,吉田礼子.
  • ・第62回日本歯科大学ワークショップ(PBL),日本歯科大学新潟歯学部,2006,田口則宏.
  • ・第2回医学教育研究技法ワークショップ,日本医学教育学会,2006,田口則宏.

2004年

  • ・第13回医学教育セミナー・ワークショップ,岐阜大学医学部医学教育開発研究センター,2004,田口則宏.

2003年

  • ・第6回歯科医師臨床研修指導医診療情報講習会,歯科医療研修振興財団,2003,吉田礼子.
  • ・平成15年度第2回共用試験歯学OSCEワークショップ,共用試験実施機構,2003,田口則宏.
  • ・平成15年度第3回共用試験歯学OSCEワークショップ,共用試験実施機構,2003,吉田礼子.

2002年

  • ・第4回歯科医師臨床研修指導医診療情報講習会,歯科医療研修振興財団,2002,田口則宏.
  • ・第3回歯科医師臨床研修指導医全身管理講習会,歯科医療研修振興財団,2002,田口則宏.
  • ・第5回歯科医師臨床研修指導医ワークショップ,歯科医療研修振興財団,2002,田口則宏.
  • ・第3回歯科医師臨床研修指導医全身管理講習会,歯科医療研修振興財団,2002,吉田礼子.
  • ・平成14年度第2回共用試験歯学OSCEワークショップ,共用試験実施機構,2002,田口則宏.

2001年

  • ・第10回歯科医師臨床研修指導医講習会,歯科医療研修振興財団,2001,吉田礼子.
  • ・第9回歯科医師臨床研修指導医講習会,歯科医療研修振興財団,2001,田口則宏.

2000年

  • ・第1回歯科医師臨床研修指導医全身管理講習会,歯科医療研修振興財団,2000, 諏訪素子.

1999年

  • ・歯科医師臨床研修研修医講習会,歯科医療研修振興財団,1999, 諏訪素子.

1998年

  • ・歯科医師臨床研修研修医講習会,歯科医療研修振興財団,1998, 諏訪素子.
Copyright(C) Department of General Dentistry All Rights Reserved.