食物を口にすると私たちは、様々な味を感じます。食物の味は口腔や咽頭の味蕾で受容され、その情報は味神経を通して脳に伝えられます。味蕾の細胞は、ほ乳類では、およそ10〜14日と短い寿命であるため、生涯にわたって次々と新しい細胞に置き換わっています。ですから、今日、味を感じた細胞と2週間前に味を感じた細胞とは、別の細胞なのです。それでも、私たちは、いつでも同じように味を感じることができます。その背景には、どのような仕組みがあるのでしょうか?
また、味神経が切断されると、その神経がつながっていた味蕾は消えてなくなってしまいます。味神経は、味覚情報を脳に伝えるだけでなく、味蕾を維持するという役割も持っているのです。私たちは、1) 味蕾の発生と細胞分化、2) 味神経による味蕾の維持のメカニズムを中心に研究を行っています。
鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科
先進治療科学専攻 生体機能制御学講座
口腔生理学分野
みうら  ひろひと
三浦  裕仁
メールはこちらから.
メールを送信
 

Visitors from 4/12/2009

PubMed 文献検索 NCBI
Scopus 著者検索 (被引用数, H-index)
hhmi BioInteractive
講義日程 (H28)
ノーベル賞 (生理・医学賞):1900年〜
講義 関連資料
BioVisions at Harvard univ.
研究室Topへ
研究紹介ページへ
鹿大研究者総覧へ
味のお話

JMO

HM

口腔生理学
検索
資料
ラット味蕾 (軟口蓋)
II 型細胞 (gustdcuin)
マウス味蕾 (有郭乳頭)
I 型細胞
 (NTPDase2)

II 型細胞
 (IP3R3)

 細胞核
 (To-Pro3)
所属学会:味と匂学会、歯科基礎医学会、日本生理学会
原著論文・総説 :
Nakayama A, Miura H, Ooki M, Harada S.
During development intense Sox2 expression marks not only Prox1-expressing taste bud cell but also perigemmal cell lineages.
Cell Tissue Res. 359(3):743-753, 2015 [Cell Tissue Res]

Miura H, Kusakabe Y, Hashido K, Hino A, Ooki M, Harada S.
The glossopharyngeal nerve controls epithelial expression of Sprr2a and Krt13 around taste buds in the circumvallate papilla.
Neurosci Lett. 580: 147-152, 2014 [Neurosci Lett]

Miura H, Ooki M, Kanemaru N, Harada S.
Decline of umami preference in aged rats. 
Neurosci Lett. 577: 56-60, 2014 [Neurosci Lett]
Tomonari H, Miura H, Ooki M, Nakayama A, Harada S.
Diverse contributions of Tas1r2/Tas2rs within the rat and mouse soft palate to sweet and bitter neural responses. 
Neurosci Lett. 569: 63-67, 2014 [Neurocsi Lett]
Miura H, Scott JK, Harada S, Barlow LA.
Sonic hedgehog-expressing basal cells are general post-mitotic precursors of functional taste receptor cells. 
Dev Dyn. 243(10): 1286-1297, 2014  [Dev Dyn]
     [雑誌表紙になりました]
                                             
Tomonari H, Miura H, Nakayama A, Matsumura E, Ooki M, Ninomiya Y, Harada S.
Gα-gustducin is extensively co-expressed with sweet and bitter taste receptors in both the soft palate and fungiform papillae but has a different functional significance.
Chem Senses. 37(3):241-51, 2012  [Chem Senses]

Shindo Y, Morishita K, Kotake E, Miura H, Carninci P, Kawai J, Hayashizaki Y, Hino A, Kanda T, Kusakabe Y.
FXYD6, a Na,K-ATPase Regulator, Is Expressed in Type II Taste Cells.
Biosci Biotechnol Biochem. 75(6): 1061-1066, 2011 [J-STAGE]
Miura H, Barlow L.
Taste bud regeneration and the search for taste progenitor cells. (Review)
Arch Ital Biol. 148(2): 107-118, 2010 [AIB]
Shindo Y, Kim MR, Miura H, Yuuki T, Kanda T, Hino A, Kusakabe Y.
Lrmp/Jaw1 is expressed in sweet, bitter and umami receptor-expressing cells.
Chem Senses. 35(2): 171-177, 2010 [Chem Senses]
著書・総説

三浦裕仁
味蕾を構成する細胞とその分化 (特集 味の不思議)
JOHNS, 29: 22-25,2013

三浦裕仁
味覚の受容と味蕾細胞分化の分子メカニズム
鹿児島大学歯学部紀要, 26: 27-37,2006 [Link]

三浦裕仁、日野明寛
味を感じるメカニズム -- 甘味・うま味・苦味:T1r, T2r受容体を中心として
New Food Industry, 47: 35-44, 2005

三浦裕仁
分かりはじめた味覚の分子メカニズム [Link]
食糧(その科学と技術), 43: 1-16, 2005

研究成果:
 味蕾基底細胞で細胞増殖・分化誘導因子Shhが発現することを見いだした。
 味神経からの誘導によってShhが発現していることを明らかにした。
 Shhを発現する細胞は増殖を終了した細胞であることを明らかにした。
 Shhを発現する細胞がI, II, III型、全ての細胞に分化することを明らかにした。 
 III型細胞で転写因子Mash1, Nkx2.2が発現することを見いだした。  
 Gタンパク質Gα-gustの役割が軟口蓋と舌の味蕾で異なることを明らかにした。
 味蕾で飽食ホルモン・レプチンの受容体が発現することを明らかにした。

授業科目:
   生理学講義(学)、生理学実習(学)
                                     
受賞歴:
   2007年7月 日本味と匂学会 研究奨励賞

社会連携活動:
   鹿児島医療福祉専門学校 歯科衛生学科 生理学講師
Shhを発現する味蕾基底細胞は、I, II, III型細胞に分化する。
味蕾細胞の寿命は平均すると10-14日.

2018.1.18 HM

HM
これまでに在籍したメンバー
味のお話130810.html
講義日程 (H28)../oralphysiology/Class2.html
講義 関連資料../oralphysiology/Sup.html
研究室Topへ../oralphysiology/Top.html
研究紹介ページへ../oralphysiology/about_us.html
鹿大研究者総覧へhttp://ris.kuas.kagoshima-u.ac.jp/html/100004795_ja.html?k=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E8%A3%95%E4%BB%81
これまでに在籍したメンバー ../oralphysiology/former_members.html
PubMed 文献検索 NCBI http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed
Scopus 著者検索 (被引用数, H-index) http://www.scopus.com/search/form/authorFreeLookup.url
hhmi BioInteractivehttp://www.hhmi.org/biointeractive
ノーベル賞 (生理・医学賞):1900年〜http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/
BioVisions at Harvard univ.http://multimedia.mcb.harvard.edu
原著論文・総説 :
Nakayama A, Miura H, Ooki M, Harada S.
During development intense Sox2 expression marks not only Prox1-expressing taste bud cell but also perigemmal cell lineages.
Cell Tissue Res. 359(3):743-753, 2015 [Cell Tissue Res]

Miura H, Kusakabe Y, Hashido K, Hino A, Ooki M, Harada S.
The glossopharyngeal nerve controls epithelial expression of Sprr2a and Krt13 around taste buds in the circumvallate papilla.
Neurosci Lett. 580: 147-152, 2014 [Neurosci Lett]

Miura H, Ooki M, Kanemaru N, Harada S.
Decline of umami preference in aged rats. 
Neurosci Lett. 577: 56-60, 2014 [Neurosci Lett]
Tomonari H, Miura H, Ooki M, Nakayama A, Harada S.
Diverse contributions of Tas1r2/Tas2rs within the rat and mouse soft palate to sweet and bitter neural responses. 
Neurosci Lett. 569: 63-67, 2014 [Neurocsi Lett]
Miura H, Scott JK, Harada S, Barlow LA.
Sonic hedgehog-expressing basal cells are general post-mitotic precursors of functional taste receptor cells. 
Dev Dyn. 243(10): 1286-1297, 2014  [Dev Dyn]
     [雑誌表紙になりました]
                                             
Tomonari H, Miura H, Nakayama A, Matsumura E, Ooki M, Ninomiya Y, Harada S.
Gα-gustducin is extensively co-expressed with sweet and bitter taste receptors in both the soft palate and fungiform papillae but has a different functional significance.
Chem Senses. 37(3):241-51, 2012  [Chem Senses]

Shindo Y, Morishita K, Kotake E, Miura H, Carninci P, Kawai J, Hayashizaki Y, Hino A, Kanda T, Kusakabe Y.
FXYD6, a Na,K-ATPase Regulator, Is Expressed in Type II Taste Cells.
Biosci Biotechnol Biochem. 75(6): 1061-1066, 2011 [J-STAGE]
Miura H, Barlow L.
Taste bud regeneration and the search for taste progenitor cells. (Review)
Arch Ital Biol. 148(2): 107-118, 2010 [AIB]
Shindo Y, Kim MR, Miura H, Yuuki T, Kanda T, Hino A, Kusakabe Y.
Lrmp/Jaw1 is expressed in sweet, bitter and umami receptor-expressing cells.
Chem Senses. 35(2): 171-177, 2010 [Chem Senses]http://link.springer.com/article/10.1007/s00441-014-2076-5?sa_campaign=email/event/articleAuthor/onlineFirsthttp://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304394014006533http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S030439401400490Xhttp://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304394014002043http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/dvdy.24121/abstract;jsessionid=9DCC53D911612DE94D7541AA8DE279D7.f02t04http://chemse.oxfordjournals.org/content/37/3/241.longhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/bbb/75/6/75_100718/_articlehttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3545678/http://chemse.oxfordjournals.org/content/35/2/171.longhttp://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/dvdy.v243.10/issuetocshapeimage_56_link_0shapeimage_56_link_1shapeimage_56_link_2shapeimage_56_link_3shapeimage_56_link_4shapeimage_56_link_5shapeimage_56_link_6shapeimage_56_link_7shapeimage_56_link_8
著書・総説

三浦裕仁
味蕾を構成する細胞とその分化 (特集 味の不思議)
JOHNS, 29: 22-25,2013

三浦裕仁
味覚の受容と味蕾細胞分化の分子メカニズム
鹿児島大学歯学部紀要, 26: 27-37,2006 [Link]

三浦裕仁、日野明寛
味を感じるメカニズム -- 甘味・うま味・苦味:T1r, T2r受容体を中心として
New Food Industry, 47: 35-44, 2005

三浦裕仁
分かりはじめた味覚の分子メカニズム [Link]
食糧(その科学と技術), 43: 1-16, 2005

研究成果:
 味蕾基底細胞で細胞増殖・分化誘導因子Shhが発現することを見いだした。
 味神経からの誘導によってShhが発現していることを明らかにした。
 Shhを発現する細胞は増殖を終了した細胞であることを明らかにした。
 Shhを発現する細胞がI, II, III型、全ての細胞に分化することを明らかにした。 
 III型細胞で転写因子Mash1, Nkx2.2が発現することを見いだした。  
 Gタンパク質Gα-gustの役割が軟口蓋と舌の味蕾で異なることを明らかにした。
 味蕾で飽食ホルモン・レプチンの受容体が発現することを明らかにした。

授業科目:
   生理学講義(学)、生理学実習(学)
                                     
受賞歴:
   2007年7月 日本味と匂学会 研究奨励賞

社会連携活動:
   鹿児島医療福祉専門学校 歯科衛生学科 生理学講師        http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/402/2/KJ00004373822.pdfMiura_files/shokuryo43_2005.pdfshapeimage_57_link_0shapeimage_57_link_1